まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ビジュアルコミュニケーションのあらゆる目的や用途に対応

ブイキューブ ビジュアルコミュニケーションサービス 「V-CUBE One」

クラウド環境でのIT活用が活発化する動きに合わせて、ビジュアル会議などのコミュニケーションシステムも自社保有とクラウド利用の二つの形態が生まれている。近年注目を集めているのが、ブイキューブが提供するクラウド環境を基盤にしたコミュニケーションサービスだ。V-CUBE Oneは、「利用シーン」「用途」「利用規模」に合わせてブイキューブが提供する各種サービスを一つにまとめたパッケージサービス。スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイス対応で、グループウェア、ソーシャルアプリケーション、他社テレビ会議システムと連携し、あらゆるビジネスに最適かつ柔軟に対応できる。「V-CUBE One」についてブイキューブ担当者に話を聞いた。

[2016年 3月11日公開]

インタビューの注目ポイント

  • 最適なビジュアルコミュニケーションを提供する「V-CUBE One」
  • マルチデバイス対応で、いつでも、どこでもコミュニケーションが可能

メーカーご担当者紹介

  • 株式会社ブイキューブ
    営業本部 パートナー担当
    菊地 Lucy 清美氏

インタビュー内容

あらゆるシーンで最適なビジュアルコミュニケーションを提供する「V-CUBE One」

インタビュアー

最近のテレビ会議やWeb会議システムは、単に会議室の様子をモニターに映しスピーカーから音声を流す、といった単純なものではなくなっています。会議という狭い範囲での活用ではなく、「コミュニケーション」を中心に置いたシステムへと拡張されて多機能化が進んでいますね。

菊地氏

もともとテレビ会議やWeb会議システムは、遠隔地とのコミュニケーションを円滑に進めるためのツールとして商品化されました。離れた場所にいる人たちの「ミーティング」をスムーズに行い、出張費などの費用と移動にかかる時間をなくすといった経済的なメリットを含めて導入効果を得る、といったスタイルでした。

しかし、コストを抑え、円滑にコミュニケーションを図るだけではなく、もっとビジネスや売り上げに直結する仕組みとしての活用が求められています。例えば会議で使う場合でも、使われる資料の視認性にも高い品質が求められるようになってきました。また、営業活動や、顧客サービス・サポートといった幅広い業務に活用されることが多くなり、テレビ会議、Web会議システムに対する機能の拡張、品質の向上に対しても高いレベルでの要望が届けられています。さらに、これらユーザーの求めるものに対応するだけでなく、その先を見据えた商品開発が求められています。

ブイキューブでは、こうした多様化するユーザーニーズに十分に応えられるよう遠隔地とのコミュニケーションに必要な機能を一つにまとめた「V-CUBE One」というサービスをご提供しています。テレビ会議と接続した経営会議、Webミーティングをはじめ、Webセミナー、商談やサポート業務など、使用目的に合わせた複数のサービスを一つのパッケージとして提供するというものです。

同時接続数が料金体系の基本となっていますので、利用規模の変更にも柔軟に対応できますし、社外の人が利用する場合でも、新規IDを申請してといった面倒な手続きが不要です。また、会議室を使ったテレビ会議サービスのように、指定されている部屋が他の人が利用中だとテレビ会議に参加できないといった制限もありません。

さまざまな使用目的に合わせた複数のサービスを一つのパッケージとして提供

マルチデバイス対応で、いつでも、どこでもコミュニケーションが可能

インタビュアー

テレビ会議システムというと、システムが設置されている特別な部屋を用意することが必須だと考えてしまいますが、現代のビジネス環境、さらにモバイルやマルチデバイスの普及といった状況を考えると、会議室に集まることさえ時間のロス、あるいはコストが発生するといった状況になります。いつでも、どこでもコミュニケーションできることが求められてきていますね。

菊地氏

遠隔地間のコミュニケーションを考えると、物理的、時間的な制限を取り払うことが必須の要件になります。企業規模に関わらず、国内、あるいは海外に事業拠点を持つ企業が増えていますが、このような業態の企業にとって、円滑なコミュニケーションは何より欠かせないものです。

例えば、社員採用を本社以外に、現地事務所、あるいは現地法人で行うことも珍しくありません。こうしたケースにおける新入社員教育には、V-CUBE Oneで提供される「V-CUBE セミナー」が有効です。高い双方向性と、質の高い臨場感を提供します。社内コミュニケーションとして使うだけでなく、顧客対応のツールとしても活用が可能です。画面に話者の顔がライブ配信されるだけでなく、必要に応じて資料も表示できますので、きめ細かなサービスを届けることが可能です。

しかも、Windows PC、MacなどのPCに加え、スマートフォン、タブレット端末など、幅広いデバイスに対応しています。既に会社でモバイルデバイスを配布している場合、あるいはBYODを取り入れている企業では、初期投資をほとんどかけずに利用できます。また、クラウド型サービスですので、クライアントソフトのインストール作業や専門性が求められるネットワーク設定、メンテナンス、管理なども不要です。

さらに当社の特長として、充実したサポートがあります。サポート体制は24時間、365日で、海外拠点を持つ企業、あるいは24時間休むことができない医療関係など、業種・業態を問わず、安心してご利用いただけるサポート、サービス体制を持っています。

テレビ会議だけでなく、社内研修やオンラインサポートなどさまざまのシチュエーションで活躍

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

V-CUBE Oneについてのより詳しい資料をダウンロードできます。

取材にあたりメーカーから詳しい製品資料をご提供いただきました。より詳しく知りたい・導入を検討してみたいお客様は、こちらからダウンロードいただけます。

資料をダウンロード(無料)

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00106965