まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

RICOH IM C2000 セキュリティ機能

オフィスワークの中心を担うからこそ、高度なセキュリティを追求しました。

ハイレベルなユーザー認証機能

複合機の利用者を限定できるユーザー認証機能を搭載。8桁までのユーザーコード認証や、ログインユーザー名とパスワードを使ったユーザー認証システムでハイレベルな個人識別が行えます。WindowsのドメインコントローラーやLDAPサーバーと連携することで、既存の認証システムによるユーザー認証が可能です。

ICカードを利用したユーザー認証(オプション)

本体認証時、ユーザー名とパスワードを入力しなくても、ICカードを複合機側のICカードリーダーライターにかざすだけで認証できます。クライアントPCから印刷指示が出されたデータは、本人のICカードをかざすことでプリントアウトされます。印刷物の取り違えによる紛失や、置き忘れによる情報漏洩を防ぎます。

強制セキュリティ印字

コピー、ファクス(FAX)、プリンター、ドキュメントボックスからの印刷物に印刷日時、出力者情報(注1)などの情報を強制的に印字することが可能です。出力者情報を印字することで、利用者のセキュリティ意識を高め、情報漏洩を抑止します。

  • (注1)ユーザー認証設定が必要です。ファクス受信文書には出力者情報は印字されません。

その他のセキュリティ機能

  • HDD残存データ消去/HDD暗号化機能を標準搭載
  • 不正コピー抑止/不正コピーガード機能
  • 文書アクセス制限
  • 印刷可能IPアドレス制限
  • パスワード暗号化(ドライバー暗号鍵)
  • 配信制限(宛先)
  • IEEE802.1x認証対応
  • FIPS 140-2対応のSSL通信
  • AES256bit / SHA-2の暗号化方式に対応
  • Ipsec
  • S / MIME
  • ネットワークポート ON / OFF

複合機・コピー機・プリンター 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。複合機・コピー機・プリンターを導入した事例をご紹介します。