えっ? 複合機で翻訳できるの?

応用編

複合機で外国語の翻訳、できます! しかも複数言語に対応

この資料をすぐ翻訳したい、概要を知りたい! と思ったことありませんか。そんな時、複合機で翻訳できたら、とても便利ですよね。実は複合機で機械翻訳ができるサービスがあるのです。

外国語資料の概要を早く把握したい

昨今、外国語の資料を使う企業も増えてきているのではないでしょうか。「海外の資料が多いので読むのが大変…今すぐ概要だけでも把握したい」そう思われている方もいらっしゃることでしょう。

普段外国語に慣れている方でも、複雑な内容だと概要を把握するだけでも大変なもの。でも翻訳業者に出すと、時間もかかるし費用もかかる・・・。

そんなお悩みの解決に、複合機でできる翻訳サービスというのがあります。まさに、「ざっと概要を把握」するためにうってつけのサービスです。

翻訳サービスってどんなものなの?

初めてこのサービスを知る方はもちろん、既にご存じの方も、あらためてどんなことができるのか、知っていただきたいと思います。

複合機を使った翻訳サービスは、各メーカーから出ていますが、クラウドサービスが中心です。今回の記事では、クラウドの翻訳サービスについて見ていきましょう。これが結構優れものなのです。

複合機でスキャン、もしくはWebブラウザーでアップするだけ!

翻訳したい紙文書は、複合機でスキャンという簡単操作で翻訳できてしまいます。さらにPDFなどの電子文書なら、WebブラウザーからアップロードするだけでOK。

文書はクラウド上で自動的に機械翻訳され、翻訳結果がメールで返送されてきます。レイアウトもそのまま維持されるので、まるでコピーしている感覚で翻訳してくれるのです。

なんと9カ国語に対応しているサービスも!

翻訳したけけれど、英語じゃない…、そんな方もご安心ください。翻訳サービスは、複数言語に対応している場合が多く、中には、9カ国語に対応しているサービスもあります。

お使いの機種によって、利用できる翻訳サービス、対応言語も異なりますので、ぜひチェックしてみてください。

すぐ翻訳できるから、情報共有や意思決定もすぐできる

複合機でできる翻訳は、機械翻訳なので軽く概要を知りたい! に適していると言えます。すぐに概要を把握できるから、享受できるメリットがあります。

原文のレイアウトもそのままで翻訳されるので、見やすく短時間に概要を把握することができます。会議の直前でも会議中でも、複合機でスキャンするだけですぐ翻訳できるので、今まで、言語の壁により時間がかかっていた情報共有や意思決定も迅速にできます。

さらに、例えばマニュアルや文献などの大量の外国語資料を、翻訳サービスを使うことで概要を先に把握し、重要な箇所のみ専門の業者に翻訳依頼する、といった使い分けもできます。つまり、業務もコストも効率化できるのです。

翻訳サービスだけじゃない
複合機の便利なソリューション

複合機を使った翻訳サービスはもちろん、複合機には日ごろの業務を便利にしてくれるソリューションがたくさんあります。大塚商会では、さまざまなソリューションを取り扱っていますので、ぜひご覧ください。