情報漏えいの抑止はICカード認証が便利!

基礎

ICカード認証で複合機の利用者を管理。印刷環境のセキュリティを強化!

印刷が毎日行われるオフィスでは「出力した紙がトレイに放置したまま」だったり、「印刷物の取り違え」などが起こりがち。ICカード認証を使えばこれら情報漏えいのリスクを軽減できます。

情報漏えいの危険が高いのはPCよりも「紙」だった!

媒体別に見た情報漏えいの原因は、紙媒体が全体の約6割以上とも言われており、複合機やコピー機のセキュリティ対策が欠かせません。PCからの情報漏えいの場合は、通信ログを調べることで原因究明や拡散防止の対応が可能ですが、印刷された紙を持ち出されてしまうと追跡するのは非常に困難になってしまいます。

こんな経験ありませんか? 情報漏えいのリスクはこんなシーンに潜んでいます

  • プリント(出力)したのを忘れてしまい、そのまま放置してしまった
  • 複合機のトレイに出力された紙が置かれたままになっている
  • 間違えて他人の出力した紙を持ってきてしまった
  • 出力しておいたはずの紙がない、誰かが持っていってしまった

いくら社内とはいえ、上記のような状態が続けば、いつ情報漏えいが発生してもおかしくありません。

ICカード認証を使えば「情報漏えい対策」も「コスト削減」も実現できる

ICカード認証のシステムなら、PCで出力指示をしたとしても複合機で認証を行わなければ出力できません。これには大きく二つのメリットがあります。それは「情報漏えい対策」と「コスト削減」です。

情報漏えい対策(本人しか出力できない)

  • 印刷物の取り違えや置き忘れを防ぐことができる
  • 誰がどのファイルを出力したのか、情報を収集することができる
  • 使用者をICカード利用者のみに制限できる(部外者の使用を制限)
  • 社員やアルバイトなど、人によって利用できる機能を制限できる

コスト削減(ムダな印刷を防ぐ)

  • カラー出力の有無、FAX使用の有無など、個人・グループごとに利用を制限できる
  • PCからの出力指示後でも、出力前にキャンセルができる
  • 出力状況を把握することで、印刷枚数に応じた適切な複合機の台数、保守料金を選択できる

入退室で使用しているICカードや社員証が使えます!

大塚商会がおすすめする「リコー 個人認証システム AE2」なら、すでにオフィスのへの入退室などで利用しているICカードやセキュリティカードを複合機の認証キーとしてひもづけることが可能です。(注)新たにICカードを発行する必要がありませんので、導入時のコスト削減が可能です。オフィスのセキュリティ強化を視野に入れたICカード活用の一つとして、複合機のICカード認証システムの活用をこの機会にぜひご検討ください。

  • (注)一部、対応しないICカードもあります。対応可能なICカードの確認はお気軽にお問い合わせください。

ICカード認証やその他の
情報漏えい対策をご紹介

ICカードをかざすだけで複合機の認証を実行。セキュリティ対策はもちろん、ムダな印刷をなくしてコスト削減もできます。多彩な機能と高い拡張性も兼ね備えています。

また、大塚商会ではICカード認証だけではなく、複合機から出力した内容についても管理・記録できる情報漏えい対策ソリューションをご用意しています。ぜひご覧ください。

複合機のICカード認証「リコー 個人認証システム AE2」

複合機の画像ログアプリケーション「Logキャプチャ」