Microsoft(マイクロソフト)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

Microsoft(マイクロソフト)製品 お問い合わせ窓口

03-3514-7580(平日 9:00~17:30)

コストをかけずに、手軽に災害・業務継続対策
たよれーる Azureサイトリカバリーサービス

災害対策・業務継続対策を、クラウドを利用し、安価に始められます。
常時サーバー監視を行い、災害時の切替対応も当社で行うので、お客様に負担がなく、安心してご利用いただけます。

「たよれーる Azureサイトリカバリーサービス」とは

「たよれーる Azureサイトリカバリーサービス」は、マイクロソフト社のクラウドサービス「Microsoft Azure」で提供される災害対策機能、「Azure Site Recovery」を利用した災害対策・業務継続のための、運用支援保守サポートメニューです。

震災や災害などの不測の事態が起こり、社内に設置されているサーバーが稼働不能になった場合、社内サーバーが仮想マシンとして複製されているクラウド環境へ切り替えを行うことで、業務継続を支援します。

クラウド利用だから、安価で手軽に導入できます

クラウドを利用するので、災害などで業務が続行できなくなった場合の代替拠点施設や設備(ディザスタリカバリーサイト)やハードウェアの準備が不要で、安価で手軽に導入することができます。

動画で分かる「たよれーる Azureサイトリカバリーサービス」

サービス内容

サービス特長

【特長1】
サーバー監視、災害時の切り替えは大塚商会が実施

お客様環境と、クラウド環境を、大塚商会が常にシステム監視します。お客様環境の障害を検知した場合、お客様へご連絡後、クラウド内仮想マシンへの切り替え作業を実施します。

【特長2】
業務継続を支援

仮想マシンの複製時は、暗号化のうえデータ送信します。
災害時、クラウドに切り替えられたシステムへのリモートアクセス手段もあわせて提供し、お客様の業務継続を支援します。

【特長3】
社内のデータを遠隔地に安全に複製

社内のシステムやデータはマイクロソフトのデータセンターに置いてあるので、会社が災害の影響を受けてもデータは安心です。また、データセンター同士でデータが冗長化されているので、万が一大規模災害が起きても復旧可能です。

サービス詳細

  1. 仮想マシン複製サービス(レプリケーションサービス)
    お客様の所有する仮想サーバーを、Microsoft Azure上に複製(レプリケーション)し、その複製状況を監視するサービスを提供します。
  2. 仮想マシン切り替えサービス(フェールオーバーサービス)
    災害などの影響により、お客様のシステム環境に障害が発生した場合、Microsoft Azure上にレプリケーションされた仮想サーバーを起動し、接続を切り替えてご利用するサービスを提供します。
    切り替え後、Azure上の仮想サーバー利用可能期間は 1ヵ月とします。
  3. 仮想マシン切り戻しサービス(フェールバックサービス)
    切り替えを行いAzure上で仮想マシンが動作している間に、社内環境が再構築された場合、Azure上で起動している仮想マシンをお客様環境で所有・運用している情報システムやサーバー(オンプレミス)に切り戻しを行い、Azureを複製先に戻します。

ご契約と料金

本サービスご利用には、「サイトリカバリーサービス(Hyper Pack-サーバー版)契約」が必要です。

「たよれーる Azureサイトリカバリーサービス(Hyper Pack-サーバー版)」ご利用料金

サービス初期費用月額費用
たよれーる Azureサイトリカバリーサービス
(Hyper Pack-サーバー版)
150,000円(税別)14,900円(税別)
  • 「たよれーる サイトリカバリーサービス(Hyper pack-サーバー)」は大塚商会オリジナルのオールインワンパッケージサーバーです。ハードディスクやメモリーといったハードウェアだけでなく、仮想環境(Hyper-V)もインストールした状態でお客様へお届けします。箱から開けて、すぐに仮想環境をご利用いただけます。
  • クラウド環境に複製する仮想OSごとに契約が必要となります。

動作環境

お客様の社内サーバーがHyper Packサーバー上の「Windows Server 2012 R2」以降であること

ご契約に当たっての注意事項

たよれーるAzureサイトリカバリー(Hyper Packサーバー版)のご提供対象は次の通りです。

  • ソフトウェア:SMILE BS 2nd Edition シリーズ
  • ハードウェア:Hyper-N パック III

上記以外の環境に関するAzureサイトリカバリーのご利用については、現在対象外となります。別途お問い合わせください。

Microsoft(マイクロソフト) 導入事例をご紹介