Dropbox Business に関するご相談など、分かりやすくお答えします。

Dropbox Business お問い合わせ窓口

03-3514-7580(平日 9:00~17:30)

Dropbox Business

全世界で20万社が導入。法人向け容量無制限のオンラインストレージ

Dropbox Businessは、企業内でのファイル共有はもちろんのこと、お客様への大容量のファイル送信や、ファイル共有にも、どこからでも場所とデバイスを問わずに利用することができます。

Dropbox Business とは?

Dropbox Business は、ファイルをクラウド上のストレージに保存・同期し、安全に共有するためのサービスです。ローカルフォルダーと同じ感覚でオンラインストレージを利用できます。ファイルのアップロードやダウンロードも高速同期機能でストレスもありません。さらに法人版は企業にとって必要なセキュリティ機能も提供します。ユーザーのアクセスログ、操作ログはもちろんのこと、無制限のバージョン履歴、無制限の削除済みファイルの復元も標準機能で提供します。

Dropbox Business の特長

Dropbox Business は、「誰もが使える」シンプルな操作性と「企業で安心」堅牢なセキュリティを兼ね備えています。

世界で選ばれる「使いやすさ」

  • エクスプローラー表示でどんな人でも使いやすい
  • シンプルな画面レイアウトと操作性で使いやすいオンラインストレージ
  • マルチデバイス対応
  • Active DirectoryとのID連携も標準機能で提供

さまざまなファイルをプレビューしコメント記載が可能

  • IllustratorやPhotoshopファイルなど、専用ソフトがなくてもブラウザー上で直接プレビューが可能
  • コメント(注釈)を複数の作業者が自由な位置に記載し、相手に通知
  • Adobeファイルのほか、Microsoft Officeファイルや画像、動画などのプレビューにも対応

堅牢なセキュリティ

  • 無制限のバージョン履歴で過去のデータをいつでも確認、復元が可能
  • ユーザーのアクセスログ、操作ログを管理者画面から簡単に閲覧、エクスポート可能
  • 遠隔リモートワイプ機能で、PCから遠隔で退職者のデータを削除
  • 管理コンソール機能でユーザーの操作を管理者が管理

スピーディーな同期を実現!豊富な同期機能

特許取得の独自同期技術で、他社にはまねできない同期スピードを実現。大容量のファイルでも、即座にアップロード、共有可能です。

ファイルをブロックに分割し、更新された差分のみを高速同期

同一サブネットのデバイス間では、インターネットを経由せずに、LAN内のデバイスを高速同期

動画ファイル等、大容量のデータもアップロード完了を待たずに同期を開始できるので、待機時間を節約

お支払い方法も大塚商会なら請求書払いに対応!

大塚商会からご契約いただければ、クレジットカード払いではなく請求書でのお支払いが可能です。

主な機能

共有フォルダー

  • 1ファイル当たりのアップロード容量も無制限の柔軟なファイル共有
  • フォルダーを共有し、ファイルの共同編集も可能
  • 最新のファイルを常に自動で共有できるので、更新のたびにグループへ連絡する手間や履歴管理が不要

ファイルリンク

  • 社内外を問わず大容量のファイルを安全に送信/共有
  • Dropbox Businessに保存したファイルのURLは、1クリックでメール送付が可能
  • パスワード設定や期限設定も可能な高セキュリティ

ファイルリクエスト

  • アップロードのみのURLを発行し、複数の第三者からデータをセキュアに収集可能
  • 期間設定を行うことで、期限が来たら自動でアップロードを禁止

無制限の履歴とログ

  • 無制限の履歴をとれるので、誤って削除してしまったファイルはブラウザーから簡単に復元
  • 上書きされたファイルでも過去にさかのぼって好きなバージョンを表示、復元可能
  • ランサムウェアなどで全てのファイルに被害があった場合でも、電話一本で全てのファイルを復元可能

リモートワイプ

  • 退職者等利用を制限したいユーザーに対して、Dropbox Businessと同期しているデバイス上のファイルを遠隔操作で消去することが可能
  • 管理コンソールから操作できるので紛失したデバイスにも有効

価格

1ユーザーあたりの価格

15,000円(税別)/年

  • *最小契約数3~
  • *追加契約の場合1~

動作環境

システム要件はDropbox Business 社に準拠します。

Dropboxを実行するためのシステム要件

よくあるご質問

Dropbox Businessと、個人利用向けのDropboxとの違いを教えてください。

個人向けDropboxとは、以下点が異なります。

  • Dropbox Businessは容量無制限でご利用いただけます。
  • Dropbox Businessはファイルの過去のバージョン全てを無制限に保存可能です。
  • 大塚商会のDropbox Businessをご契約いただくと、カード払いではなく請求書でのお支払いが可能です。
他社とファイルを共有する場合、先方もDropbox Businessの契約が必要ですか?

共有の方法によってご契約が必要な場合があります。

  • ファイルのURLを作成し、そのURLをメールで送付→契約は不要です。(URLを受け取った相手は自分のパソコンにファイルを保存することができます。)
  • 共有フォルダーを作成し、第三者を招待する→参加者はDropboxのアカウントが必要です。(アカウントは個人向けの無償版でも可能ですが、一部機能制限があります)
  • ファイルアップロード用のURLを共有(ファイルリクエスト機能)→ご契約は不要です。ファイルリクエストを受けた相手は自分のパソコン上のファイルをアップロードすることが可能です。
Active Directoryとの連携や、シングルサインオン、アクセス制限は可能ですか?
  • Active Directoryとの連携
    AD Connectorツールをご利用いただくことで、Dropbox Business とActive Directory間でユーザー情報の同期を自動化できます。
  • シングルサインオン、アクセス制限に関して
    Dropbox BusinessはSAML2.0を利用した認証に対応しています。
    SAML2.0に対応するシングルサインオンやアクセス制限のソリューション(ADFS等)を組み合わせることで、シングルサインオン、アクセス制限が可能です。
Dropboxの個人版を利用しています。Dropbox Businessへの切り替えはできますか?

Dropbox Basic、Dropbox Pro、それぞれから簡単にデータ移行、切り替えが可能です。

多言語対応していますか?

対応しています。
最新のサポートされる言語は以下のページをご確認ください。

Dropboxで使用可能な言語

Microsoft(マイクロソフト) 導入事例をご紹介