ソリューションの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

電力の「見える化・見せる化」/BEMS お問い合わせ窓口

03-3514-7562(平日 9:00~17:30)

デマンドエース

電力使用量を制御して、電気基本料金の上昇を防止(削減)します

電気基本料金の削減や節電対策を行うのは手間がかかります。デマンドエースなら電力使用量の「見える化」と、制御を促す警報で電気基本料金の上昇を防止(削減)します。

デマンドエースとは?

デマンドエースは電気基本料金に影響する最大デマンド値(ピーク電力)を作らないための管理システムです。電力制御を行い電気基本料金の上昇防止(削減)や節電効果を高めます。

  • LANケーブルで電力供給ができるため、大がかりな工事不要で導入が可能です。
  • 手のひらに収まるコンパクトサイズ(磁石付き)なので、設置場所を選びません。
  • Web画面から電気使用量が一目で分かるので、確認の手間がかかりません。

デマンドエースの機能

電力の「見える化」

電力の使用状況を可視化=「見える化」でリアルタイムに消費電力量を目視できるようになります。

30分単位、24時間単位、1日単位、1カ月単位など、期間ごとの消費電力を比較できます。

「デマンドエースツール」をパソコンにインストールするだけなので準備も簡単です。

制御を促す警報

電力の消費量により4種類(第一警報・第二警報・限界警報・負荷制御通知)の警報を発生します。

第一警報と第二警報は設定した最大デマンド値を基準に使用電力量がそれぞれの設定値を超えた場合に発生します。限界警報は最大デマンド値の90%で発生、負荷制御通知は現在の電力使用の可否を通知します。

警報を発生させる設定はWeb画面で簡単に変更が可能です。(常時Web画面を開いておく必要はありません。)

警報の種類による制御例

  • 第一警報の発生時にはエアコンの設定温度を1度変更して回避
  • 第二警報の発生時にはエアコン一機を停止して回避
  • 限界警報の発生時には全てのエアコンや停止可能な全ての機器を停止して回避

停止させたエアコンの再開可能をお知らせする通知もデマンドエースが自動で行います。

警報で制御をお知らせ

警報をメールでお知らせ

目標に対する使用電力(%)をアイコンでお知らせ

パトライトの色で警告段階をお知らせ

価格

ベースライトパッケージ

167,600円(税別)

内訳

  • デマンドエース タイプA×1台
  • PoE給電ユニット×1台

パトライトパッケージ

242,600円(税別)

内訳

  • デマンドエース タイプA×1台
  • PoE給電ユニット×1台
  • IPパトライト×1台

お客様にあった製品提案と、柔軟な価格相談を承ります。

電力の「見える化・見せる化」/BEMS お問い合わせ窓口

03-3514-7562(平日 9:00~17:30)

照明をLEDに変えて、もっと節電する

オフィスの消費電力の中でも、「照明」は大きな割合を占めます。消費電力量を大幅に削減できるLED照明への変更を、ぜひご検討ください。就業時間中に常時使用している照明コストを下げることは、デマンド値を抑制でき、電気基本料金の削減につながります。

LED照明で節電・コスト削減

電力の「見える化・見せる化」/BEMS 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。電力の「見える化・見せる化」/BEMSを導入した事例をご紹介します。