ソリューションの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

電力の「見える化・見せる化」/BEMS お問い合わせ窓口

03-3514-7562(平日 9:00~17:30)

CoolDing活用事例(照明制御との連携)

照明制御との連携でもっと活用できる

CoolDingは照明制御と合わせて利用することにより活用範囲が広がります。

活用方法1 室内温度を常時監視! 温度の不満から解放

人によって感じ方が違う「エアコンの温度」の問題を、CoolDingと温湿度センサーを組み合わせて解決できます。エアコンが効いている室内の温度を監視し、適正に保つことができます。例えば、夏は25℃、冬は22℃に設定し、温湿度センサーがプラスマイナス1℃を感知したら、自動的に空調がON / OFFします。この機能で、人によって異なる「暑すぎる」「寒すぎる」の問題から解放されます。

導入前のお悩みと導入後の効果

エアコンの設定温度が自由に変えられるから、人によって暑すぎたり寒すぎたりしてしまう・・・。

適正温度を設定すれば、室温が一定に。もう暑すぎたり寒すぎたりしないから、社員からの苦情も出ない!

活用方法2 自動 ON / OFFできるから消し忘れの心配不要!

「あれ? エアコンを消してきたかしら?」CoolDingを導入すると、そのような心配はなくなります。スマートフォンアプリからCoolDingのスケジュール管理機能(タイマー設定)に、照明と空調を登録しておけば、帰宅時に消し忘れても自動でOFFします。朝の出社時間の少し前に自動ON設定すると、快適環境の室内で仕事を始めることができます。また、人感センサーを組み合わせて、人に感知しない場合は自動的にOFFすることもできます。

導入前のお悩みと導入後の効果

帰り支度はすることがいっぱい。モニター切って、音楽消して、照明消して・・・。あら? エアコンを消してきたかしら?

スケジュール機能(タイマー設定)をしておけば、帰宅時に消し忘れても自動でON / OFF。人感センサーも組み合わせると、人に反応して自動でON / OFFするから無駄がない!

活用方法3 ワンボタンで一括操作できるから、手間が省ける

会議やプレゼン時の照明やリモコン操作の手間を省くことができます。「どのリモコンがどの機器を操作できるの?」「説明するとき一気にONしたい。」このようなときは、無線スイッチとの組み合わせが便利です。CoolDingに複数機器の制御を登録し、無線スイッチからワンボタンで一気にON / OFFすることができます。

導入前のお悩みと導入後の効果

もうすぐ会議が始まるのにまだ会議室の準備が終わらない! どのリモコンがどの操作をできるんだっけ?

無線スイッチと連携してワンボタンで複数の機器や照明をON / OFF。手間が省けるし、プレゼン用やテレビ会議用など、使い方はさまざま!

大塚商会の照明制御ソリューション

無駄なく照明制御して節電&コスト削減を実現します。エリア単位での照明ON / OFF、人がいない場所の消灯など、照明によるストレスを感じることなく節電対策やコスト削減ができるソリューションをご用意しています。さらなる導入効果も期待できます。

照明制御ソリューション

照明をLEDに変えて、もっと節電する

オフィスの消費電力の中でも、「照明」は大きな割合を占めます。消費電力量を大幅に削減できるLED照明への変更を、ぜひご検討ください。就業時間中に常時使用している照明コストを下げることは、デマンド値を抑制でき、電気基本料金の削減につながります。

LED照明で節電・コスト削減

電力の「見える化・見せる化」/BEMS 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。電力の「見える化・見せる化」/BEMSを導入した事例をご紹介します。