まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

らくらくマイナンバー対応システム 構成例

運用に必要な機器からセキュリティ対策まで全てご提案可能です

らくらくマイナンバー対応システムの導入にあたり、ガイドラインに沿った運用に必要な機器やセキュリティ対策とあわせてシステムを構成した場合の例をご紹介します。

システム構成の種類

大塚商会では、ネットワーク管理者が社内にいる場合には自社運用に最適なサービス(ネットワーク:オンプレミス)、社内にいない場合には、まるごとお任せできるサービス(ネットワーク:らくらくシリーズ)をそれぞれご用意しています。

システムの構成例

プレミア(サーバー版)の構成例です。

らくらくマイナンバー対応システム

マイナンバーの取得・保管・利用・廃棄の各プロセスを管理する、統合マイナンバー管理システム(らくらくマイナンバー対応システム)を導入。

運用業務に必要な機器

基本ソフト(OS)やセキュリティ対策に必要な各種ソフトをあらかじめ組み込んだマイナンバー専用のサーバー(Hyper N-PackIII)を導入。マイナンバー取扱担当者がサーバーへアクセスする場合の識別と認識は、手のひら静脈センサー搭載PC(LIFEBOOK A744/K)で行います。手書き帳票の取り込み、マイナンバーを付加した帳票の出力は1台のMFPで対応します。

セキュリティ対策

外部からの不正アクセス防止などの対策として、多様化した攻撃に対してアプリケーション制御で入り口を防御するファイアウォール(たよれーる らくらくファイアウォール)。不正端末のLAN接続防止を行うスイッチ(たよれーる らくらくスイッチ)を構成。