効率的な文書管理や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1673(平日 9:00~17:30)

楽2ライブラリ 活用事例5
教育機関

学習指導要領に基づく授業計画、調査票、学籍簿など、性格の異なる文書も一括管理。

教育機関 活用事例

学校では、さまざまな文書が毎日のように生み出されています。再利用が可能なもの。長期保存が必要なものというように、種々雑多な文書が必要です。また、資格試験を取り扱う教育機関では、審査に必要な膨大な資料が集められています。すべてが紙文書だとしたら、管理負荷も、保管場所も増大するだけになってしまいます。もっと効率的に、簡単にこれらの問題を解決するのが楽2ライブラリです。

高い教育機関であることの資格証明には膨大な書類が必要

日本技術者教育認定機構(JABEE : Japan Accreditation Board for Engineering Education / 設立 1999年11月19日)は、技術者教育プログラムの 審査・認定を行う団体ですが、この認定を受けるには、学部の教育の高さはもちろんのこと、その高い教育レベルが維持されていることを示す書類が必要となります。この認定を受けた学部の卒業生は、世界に通用する技術者養成プログラムを受けてきたことを証明することにもなります。しかし、そのために必要な書類は議事録から、一人一人の学生の答案や、レポートを保存しなければなりません。しかし、楽2ライブラリを導入することで、数年前の学生が提出したレポートも簡単に取り出せるようになります。

学生指導にも威力を発揮する楽2ライブラリ

資格審査のためではなく、教育効果という側面でも楽2ライブラリは威力を発揮してくれます。入学時から卒業まで、試験の答案、レポートをすべて管理が可能です。例えば、レポート内容が不十分な学生に対して、担当教官が指導し、レポートが再提出されたとします。レポートの完成度が上がってくる様子が、一人一人の学生に対して追跡が可能となりますし、指導のサンプルとして活用することで、別の学生に対する効果的な指導法も見えてきます。答案用紙やレポートを紙文書で保存、管理しようとすれば、毎年かなりの枚数が追加されることになりますが、楽2ライブラリなら保存場所を考えることなく、保存し、指導に役立てることができます。

ネットワークに接続されているクライアントPCから簡単にアクセス可能

大学のように、建屋が分散していても、ネットワークに接続されているPCから楽2ライブラリが管理している文書にアクセスできます。広い校内、文書庫に移動する必要はありません。また、オプション製品ですが、楽2ライブラリ クライアントサーバWeb公開ツールをご利用いただくことで、楽2ライブラリが管理している文書データにインターネットを介してアクセスが可能となります。

関連サービス

サービス名製品の内容・特長
スキャニングサービス大変な時間と労力を必要とする紙文書のスキャン(電子化)作業を代行します。価格も1枚5円~とお求めやすくなっております。

文書管理 導入事例

ナビゲーションメニュー