まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

クラウドサービス型二要素認証基盤 らく認

パスワード不要なクラウド型マルチ認証システム

「らく認」は、スマートフォンや専用トークンを利用し、パスワード入力自体を省略するユニークな機能を持っています。ユーザーの利便性を阻害せずにセキュリティを高めることが可能です。

サービス概要

さまざまなシステムのログイン認証において、ID/パスワードだけの認証に加え、二番目の認証(二要素認証)を付加し、セキュリティの強化を実現します。

サービスの特長

クラウドサービスのため導入が簡単

オンプレミスではなくクラウドサービスのため短期間で簡単に導入することができます。また保守・運用まで効率化して運用することができます。

導入コストが安価

クラウドサービスのため初期の導入コストを安価に抑えることができます。

国際基準の強固なセキュリティ

国際規格のFIDOに準拠した認証方式を採用しているため、高いセキュリティ対策が可能です。

そもそも、認証とは?

無線LANやリモートアクセスなど、企業の許した人員であり、会社の許した端末でそのインフラを利用しているのか管理・検閲できる仕組みが重要です。認証の考え方によって、担保できる安全性が異なります。これらを組み合わせることで強力な認証基盤を運用できます。

認証の手法利用シーン特長注意点
知識で認証する
(SYK:Something You Know)
IDや本人が設定しておくパスワードコストが安い忘れてしまうことがある
持ち物で認証する
(SYH:Something You Have)
IDカード、ワンタイムパスワードトークン運用しやすい貸し借りできてしまう・物理的に置き忘れてしまうことがある
生体認証
(SYA:Something You Are)
指紋、声紋、顔認証置き忘れたり紛失したりしないコストが高くなりがち・ケガなどで認証ができなくなる可能性も無くならない

標準で用意されていることの多いSYK認証にプラスして、らく認はSYH認証を提供します。
異なる認証手法を重ねることで二要素認証が実現可能です。

認証方法

認証方式は以下の2種類の認証方式から選択することができます。

二要素認証

ハードウェアのワンタイムパスワードによる認証方式です。

二経路認証

PC(第一経路)で作成したデータを、スマートフォンや電話など(第二経路)で承認を行い成立させる認証方式です。

価格(税別)

サービス名費用
初期費用100,000
1年ライセンス2,400
5年ライセンス10,500
ハードウェアトークン2,200

体験版

実際に動作を試したい、訪問などでデモを見せてほしいなどお気軽にお問い合わせください。

体験版へのリンク

関連リンク

無線LANの認証を強化

らくらくWi-Fi

アルバネットワークス

リモートアクセスの認証を強化

PSA

認証強化をアプライアンス型で

NetAttest

セキュリティの導入事例をご紹介