まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

たよれーる EasySOC for Palo Alto

サイバー攻撃から守る、すぐ始められるセキュリティ分析サービス

たよれーる EasySOC for Palo Altoは、中堅・大企業のお客様を対象にセキュリティインシデントの検出と分析、対応策の支援を行うセキュリティ分析サービスです。

SOC(セキュリティオペレーションセンター)とは

クラウドや多種多様なデバイスの利用が増えたことにより、いままでのセキュリティ対策ではサイバー攻撃を防ぎきれなくなっています。SOC(セキュリティオペレーションセンター)とは、ネットワークやデバイスの監視をして、サイバー攻撃の検出と分析、対応策のアドバイスを行う組織のことを指します。

大塚商会ではPalo Altoを導入したお客様を対象に「たよれーる EasySOC for Palo Alto」としてセキュリティ支援を行います。

サービスのメリット

メールによる通知

重要度の高いセキュリティインシデントが発生した可能性があると判断された際は、通知メールにて確認が可能です。

レポートで状況を可視化

月次レポートにてお客様の社内セキュリティ分析(状況可視化)を確認することができます。

サービス概要

本サービスはPalo Altoを導入しているお客様を対象にインターネットからの攻撃に対して通知メール、セキュリティレポート、さらに電話/E-mailによるサポートを提供します。セキュリティ管理担当者がいない会社様でも大塚商会が変わってセキュリティ支援を行います。

  • * レポート・アラートをうけてのクライアント(端末)やネットワーク機器などの設定変更は本サービス費用に含まれておりません。また、ネットワーク機器(センサー)のご購入費用や保守費用は含まれておりません。

通知メール

ログを分析し、需要度の高いインシデントが発生したと判断した際にメールにてお客様へ通知します。

電話/E-mail対応

レポートや通知メールの内容について、質問の受付、対応を実施します。

  • * オンサイト対応によるセキュリティ調査や機器の設定変更は、別途有償となります。

価格

対応機器月額(税別)
Palo Alto PA-500 (PAN-OS7.1.6以上)5,000
Palo Alto PA-3020 (PAN-OS7.1.6以上)10,000

初期費用

メニュー名価格(税別)
機種新規導入と同時の場合20,000
後からサービス加入の場合30,000

Palo Alto

Palo Alto(パロアルト)は危険なアプリケーションや標的型攻撃が引き起こす情報漏えいを防止する次世代ファイアウォールです。

Palo Alto

セキュリティの導入事例をご紹介