まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Sophos Endpoint(ソフォスエンドポイント)

実績のあるテクノロジーを駆使したSophosのエンドポイントプロテクションが、マルウェアなどの脅威からWindows、Mac、Linuxの脅威を検出し簡単に保護します。

Sophos Endpointのマルウェア対策機能

SophosLabsが提供する解析情報にもとづき、リアルタイムで疑わしい振る舞いや活動状況を関連付け、さまざまな情報を総合的に解析するため、エンドポイントとデータを効果的に保護できます。コンピューターが脅威に感染することを防ぎ、より一層強化された攻撃対策やデータ漏えい対策を提供します。

コンピューターやサーバーのマルウェアへの検知・駆除内容

オンアクセス検索
リアルタイムでのマルウェア検知をおこないます。
オンデマンド検索
スケジュールもしくは 手動でのマルウェア検知をおこないます。
ライブプロテクション
怪しいプログラムの発見時にソフォスへ自動で問い合わせを行い、最新の情報で確認・検知します。
Webプロテクション
感染の恐れがあるWebページへのアクセスを遮断します。
(WindowsとMacのみ)
HIPS
動作監視により不審なプログラムを検知します。
(Windowsのみ)
アドウェアPUA検知
アドウェアやスパイウェア等のマルウェア以外で業務を妨げるプログラムを検知します。
MTD
ボットネット等の攻撃に関わるC&Cサーバーとの通信を検知します。
(Windows PCのみ)
ダウンロードレピュテーション
ブラウザーから入手したファイルをチェックし信頼できるか評価します。
(Windowsのみ)

特長

周辺機器コントロール

PCへの接続デバイスを制御し、詳細にUSBメモリー、光学ドライブ、短距離無線、スマートフォンなどを情報漏えい対策します。
また、USB メモリーをPCが認識するとポリシーにリストとして表示し詳細な除外設定が可能になります。

Webカテゴリーコントロール

クラウドベースのURLカテゴリーフィルタリング機能を提供します。インターネットの私的利用を詳細なカテゴリー分類で制御し、ブロック機能に加え警告による注意喚起が可能です。
またサイトごとに除外設定をすることも可能です。

悪意ある通信検知(MTD)

アウトバウンドの疑わしい/悪意のあるHTTP通信を行っているプロセスについて、MTDはアウトバウンドのHTTPトラフィックを監視し、コマンド&コントロール(C&C)などへ通信しているプロセスを検知します。

アプリケーションコントロール

アプリケーションの動作制御により情報の流出を防止し生産性を向上します。

  • FTP、IM、P2P などの不正なデータ転送をブロック
  • アプリケーション固有の脅威から保護
  • 脆弱性による脅威から保護
  • コンプライアンス対策
  • 社員の生産性向上

データ流出防止(DLP)

ファイルタイプやコンテンツに応じてコピー・アップと同時にブロック・記録することにより、以下のようなデータ流出を防止します。

  • 機密情報が適切に保護されなかった場合に発生する、データ流出
  • データを含むデバイスを紛失した場合などで発生する、不慮のデータ損失
  • コンピューターへの不正アクセスや、マルウェアなどを使用された場合に発生する、意図的なデータの盗難

Windowsファイアウォール

Windows ファイアウォールポリシーを使用して、Windows ファイアウォール(およびほかの登録済みファイアウォール)を監視・設定できます。

Sophos Endpoint 価格

Sophos Endpoint(ソフォスエンドポイント)の価格については以下よりお問い合わせください。

セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

関連製品

AIを活用したクラウドベース予測型メールセキュリティ

Sophos Emailは「Sophos Central」から利用するクラウドベースのメールセキュリティ対策製品です。最新のAIを活用し、悪意のあるメール脅威などから従業員を守ります。

セキュリティの導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー