まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

CylancePROTECT(R)

AI技術(機械学習)を利用した次世代マルウェア対策製品

CylancePROTECT(サイランスプロテクト)はAI技術を利用した検知エンジンにより、99%以上の検知率で既知・未知の区別なく、ランサムウェアなどのマルウェアを実行前に検知します。

製品概要

CylancePROTECTは、AI技術(機械学習)を利用した検知エンジンを搭載しており、ファイルの特徴からマルウェアかどうかを類推し、実行前に検知することができる次世代マルウェア対策製品です。パターンファイルに頼った検知ではないため、既知・未知の区別なくシンプルな対策でお客様のエンドポイントを安全な状態に保ちます。

高精度な検知

AI技術を利用した検知エンジンにより、検知率99%以上の高精度な検知を実現します。

出張先などオフラインでも動作

エンドポイントにインストールする製品のため、インターネットにつながっていない環境でも動作します。出張先やクローズドな環境であっても、安全な環境を確保します。

軽量な動作

CylancePROTECTはユーザー作業効率を下げないように、CPUへの負荷を見ながらスケジューリングしたスキャンを行います。万が一スケジューリング前にファイルが実行されそうになった場合は、即時スキャンが行われるため、安全な状態を保つことができます。

製品名スキャンタイミング
従来型マルウェア対策製品
  • 定期的なディスクスキャン
  • ファイル保存時のリアルタイムスキャン
  • ファイル実行時の振る舞いスキャン
CylancePROTECT
  • インストール直後にフルスキャン
  • ファイルダウンロード(ディスクに保存)時にスキャン
  • ファイル実行前にスキャン

運用負荷低減

CylancePROTECTはクラウド上に管理コンソールが用意されているため、管理サーバーの構築や維持・管理の必要もなく、運用コストを低減させることができます。

価格

製品名価格(税別)
CylancePROTECTオープン価格

セキュリティ製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

動作要件

OS
Windows XP ( SP3 ) (注1)(注2)
Windows Vista (注2)
Windows 7 (注2)(注4)
Windows 8 / 8.1 (注2)
Windows 10 (注2)
Windows Server 2003 ( SP2 ) (注1)(注2)
Windows Server 2008 / 2008 R2 (注2)(注5)
Windows Server 2012 / 2012 R2 (注3)(注5)(注6)
Mac OS X 10.9~10.12 (注7)
対象ブラウザー
Internet Exploler 9 /10 / 11
Firefox(最新バージョンに対応)
Google Chrome(最新バージョンに対応)
メモリー
2GB以上
ディスク
500MB以上
ソフトウェア
.NET Framework3.5 ( SP1 ) 以上(注8)
  • (注1)KB968730がインストールされていることが前提です。
  • (注2)32bitと64bitに対応しています。
  • (注3)64bitに対応しています。
  • (注4)Windows Embedded Standard 7にも対応しています
  • (注5)Server Coreには対応していません。
  • (注6)Minimal Server Interfaceには対応していません。
  • (注7)case sensitiveフォーマットには対応していません。
  • (注8).NET Frameworkの不具合等により、一部のWindows端末でCylancePROTECTが正しく動作しない事例があります。この場合は、レジストリの修正や.NET Framework4.0以降をインストールしていただくなどの対処をお願いする場合があります。
  • * 最新の動作要件は、下記からご確認ください。

CylancePROTECT システム要件(CylanceJapan社のページが別ウィンドウで開きます。)

その他

  • Agentのインストールには、管理者権限が必要です。
  • 他社製アンチウイルス製品と併用する場合は、特定フォルダーを除外していただくなどの対処が必要な場合があります。
  • 他社製メモリー監視製品(振る舞い検知等)との併用はできません。
  • 対象OSにおいて、マイクロソフト社のサポートが終了しているものについては障害発生時に調査ができない場合があります。

セキュリティの導入事例をご紹介