ここから本文です。

マンガで分かる!マイナンバー虎の巻

マイナンバーの運用にまつわる諸問題の解決方法や、落とし穴を回避するノウハウを、マンガで読みやすく分かりやすくご紹介します。

マンガで分かる! マイナンバー虎の巻

  1. [ 第1話 ] 紙で収集して金庫に保管。マイナンバー対策はこれで万全!

    収集したマイナンバーを紙に書き写して、鍵のついた金庫に保管している企業は多い。メリットは、事務処理の種類ごとにファイルを作成して管理しておけば、不要となったマイナンバーの廃棄処分がスムーズなこと。課題は、多くの制限や規制による事務負担の増大。

  2. [ 第2話 ] マイナンバー業務は信頼している所にお願いしているから大丈夫!

    マイナンバーが必要になる業務の一部を、社労士や税理士に委託している企業や個人事業主は多い。マイナンバーガイドラインでは、委託契約の締結について盛り込まなくてはならない規定がいくつかあります。まずは顧問契約書を見直してみましょう。

  3. [ 第3話 ] マイナンバーはパソコンで管理しているので安心!

    社員名簿や給与計算をエクセルなどで対応している企業は多い。パソコンはIDとパスワードで守られているし、社員名簿と一緒に管理しておけば運用しやすいと思うのは当然ですが、インターネットや社内ネットワークのセキュリティ対策を見直してみましょう。

  4. [ 第4話 ] マイナンバー対応には初期費用のかからないクラウドが安くてお手軽!

    クラウドサービスには多くのメリットがありますが、デメリットや、不足部分が無いわけではありません。これらを理解しておかないと、導入後に「こんなはずじゃなかった」となってしまいますので、導入する場合は事前に十分吟味しましょう。

  5. [ 第5話 ] マイナンバーの収集と管理はクラウドを利用!

    収集作業の簡略化が目的でクラウドサービスを利用している企業は多い。そのままクラウド上で保管しておくことも可能。課題となるのは、インターネットが使えない環境への対応や、電子化されていない紙書類の保存、保管し続けることでのランニングコスト、利用時(ダウンロード時)のセキュリティ対策。

ページID:00120859

ここまで本文です。