どこでもコネクトについて分かりやすくお答えします。

どこでもコネクト 製品ご紹介窓口

03-3514-7591(平日 9:00~17:30)

どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ

手軽に公衆回線を「専用線」に変身させる

現在の回線環境やプロバイダーを大きく見直すことなく、手軽に公衆回線を専用線のように扱えます。セキュアなデータセンター接続や、モバイル活用などにも役立ちます。

製品概要

どこでもコネクトボックスをハブに接続するだけで、一般ブロードバンド回線をあたかも専用線のように利用することができます。 単拠点向けのレイヤー2版と、複数拠点接続向けのレイヤー3版から選択可能です。

オプションでノートPCやタブレット機器からの社内アクセスに対応する「どこでもコネクトリモートサービス」もご提供しています。

どこでもコネクトリモート

より安全にオフィスとデータセンターをつなぐクローズド網タイプ

どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプのメリット

  1. 現在の回線やプロバイダー、社内PC設定などの大きな見直し不要で、手軽に使えます。
  2. 固定IP不要で、複数拠点間を接続できます。

基本メニュー

  • データセンター接続
  • どこでもコネクトボックス故障時のオンサイト保守対応(平日:9:00~17:00)
  • 電話受付

どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプの特長

どこでもコネクトボックス

お客様オフィスにあるネット環境に「どこでもコネクトボックス」を設置、設定することで、インターネットを利用し、暗号化通信で大塚商会データセンターに接続します。

より安全にオフィスとデータセンターをつなぐクローズド網タイプ

動画で解説! どこでもコネクト

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:4分35秒]

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

「どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ」と「どこでもコネクトリモート」の特長、導入のメリットを動画でご紹介します。

どこでもコネクト 関連製品のご紹介

サーバーを1台単位でデータセンターにお預かりし、サーバー管理・サポートまでまとめてご提供します。

2Uハウジングサービスシリーズ

どこでもコネクトライン:インターネット利用タイプ 価格

サービス名称月額費用
(税別)
初期費用
(税別)
どこでもコネクトライン:
インターネット利用タイプ
レイヤー2版スタンダード5,000100,000(内訳)
・どこでもコネクトボックス
購入費用 60,000円
設定費用 40,000円円
ハイスピード15,000
レイヤー3版スタンダード10,000
ハイスピード15,000
  • *最低利用期間は課金開始月より12カ月となります。途中解約の場合、月額費用×残月数分が、違約金として発生します。
  • *月額費用の課金開始月は、開通月の翌月分からとなります。
  • *拠点間通信を行う場合、1拠点あたり1契約必要となります。2拠点目以降につきましては、レイヤー3版のご契約となります。
  • *スタンダードは、~10Mbpsで帯域を制限しています。ハイスピードは、~80Mbpsで帯域を制限しています。いずれも帯域を保証するものではありませんのでご注意ください。

より高いセキュリティ環境で活用したいお客様向けサービスもご用意しています。

どこでもコネクトライン:クローズド網タイプ

ソリューションの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

マネージドネットワークサービス(MNS)の導入事例をご紹介