まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Citrixが解決する課題「セキュリティ向上」

個人情報保護法の施行以来、企業のセキュリティへの意識は高まっています。しかし、残念なことに、意図的な企業内の機密情報の持ち出しや、モバイルPCの紛失・盗難による情報漏えい等、セキュリティに関する事件、事故は増加しています。システム管理者にとって、今やセキュリティの確保は、最重要事項課題の一つとなっています。

課題1 : グループウェア上のデータが簡単に外部へ持ち出されてしまう

シンクライアントシステムを利用していない環境では、クライアントPCにデータが保存されています。このような状態では、USBメモリ、外部ハードディスクなどの外部記憶装置に大切なデータが簡単にコピーされ、持ち出しも容易となっています。クライアントPCの台数が増えれば増えるほど、情報漏えいの危険性は高くなります。
しかし、Citrix XenAppによりサーバ上で稼動しているクライアントソフトウェアをクライアントPCから遠隔操作すれば、クライアントにデータが残らずに外部への持ち出しが不可能なのでセキュリティ対策も万全になります。

課題2 : 業務用データの情報漏えいが心配

クライアントPCに業務用のデータが保存されている環境では、保存されているデータごとに、コピー禁止、印刷禁止といった制限を設けることは事実上不可能でしょう。だからといって、データに使用制限を設けないということは、常に情報漏えいの危険性と隣り合わせともいえる状況です。
しかし、業務ソフトをCitrix XenAppに一元化し、各クライアントにCitrix ICAクライアントを搭載すれば、アプリケーションに手を加えず、役割や権限に応じた、印刷やデータのダウンロード、コピー制限を含めた、フレキシブルなセキュリティ設定が可能となります。

課題3 : ファイルサーバー上の重要なデータの情報漏えいが心配

売り上げ情報や顧客情報など、業務に必要な情報は手元に置いておきたいと利用者は考えがちです。モバイル環境では、電波の状態やパフォーマンスの問題から、クライアントPCにデータを保存することが多くなります。しかし、クライアントへデータがダウンロードされた環境では、大切な情報が外部へ流出しやすくなります。
しかし、Citrix XenAppによりクライアントPCへデータが残らないシステムを構築することで、情報漏えいの危険性からシステム、企業を守ることができます。

課題4 : 外出先から社内ファイルサーバーを利用しているが、モバイルPCからの情報漏えいが心配

モバイル環境を活用している企業では、モバイルPCにファイルサーバーのデータ保存可能という環境では、PCの盗難、紛失による情報漏えいの危険性が問題となります。
しかし、Citrix XenAppによりクライアントPCへデータが残らないシステムを構築すれば、たとえモバイルPCが紛失・盗難にあっても、情報漏えいの心配はありません。

Citrix関連リンク

シンクライアント 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。シンクライアントを導入した事例をご紹介します。

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00071658

ナビゲーションメニュー