まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Sony(ソニー)/テレビ会議
PCS-XC1

PCS-XC1は720pで60フレームを実現したモデルです。フルHD(1920×1080)(*)で最大60フレーム/秒の高画質な映像通信に対応し、従来機種からの多彩な機能を搭載しながら、コンパクトな一体型を実現したカメラ一体型ビデオ会議システムです。

  • * 1080p送受信用ソフトウェア「PCSA-RXC1」インストール時(オプション)

PCS-XC1の特徴

1080/60pハイビジョン映像での通信を実現

解像度1920×1080/60pでの映像と音声の送受信が可能です。

  • * 1080p送受信用ソフトウェアPCSA-RXC1(オプション)をインストール時。標準は最大720p(1280×720)の解像度となります。

View-DR機能で、高いダイナミックレンジ

2種類の露光時間の映像を自動合成することで、黒、白つぶれを抑制した視認性の高い映像を作り出します。

  • * View-DR機能は被写体によりシャッタースピードがリニアに変動します。周期性のある光源の場合、レインボーノイズやフリッカーが発生する可能性があります

HD画質での録画機能を搭載

USBメモリー(別売)に720p映像と音声を記録することが可能です。

  • * 記録した映像と音声は、本体で再生できません
  • * 対応USBメモリー(32GB以下)については販売店にお問い合わせください

デュアルストリームにより映像とPC画面などを共有可能

1080p(*)の解像度でカメラ映像とPC画面などを最大30フレームで送信可能な機能を標準で搭載。カメラ映像とアニメーションを用いたプレゼンテーション資料などを滑らかに再現します。

  • * 1080p送受信用ソフトウェアPCSA-RXC1(オプション)をインストール時。標準は最大720p(1280×720)のカメラ映像と、PC画面など(最大SXGAまで)となり

ワイヤレスネットワークに対応(Ver1.1以降対応)

オプションの無線ネットワーク対応用ソフトウェア(PCSA-WXC1)(*)をインストールし、PCSA-WXC1に同梱されているワイヤレスLANモジュールをUSBポートに接続することで、ワイヤレスネットワーク環境での接続が可能になります。

通信中の映像にマーキング可能な「ビデオアノテーション」機能を搭載

ペンタブレット(別売)を使って、画面上にマーキングやポインティングが可能。PCのプレゼンテーション画面や カメラ映像に自由に書きこめます。

■対応ペンタブレット(ワコム社製)

ペンタブレット Bamboo CTL-480/S0
液晶ペンタブレット DTU-1631C

インテリジェントQoS機能

ネットワークのパケットロス率、遅延時間などの状況に応じて、Real-time ARQ / Adaptive FEC / ARCを最適に統合制御し、高品質な通信環境を提供するインテリジェントQoS機能を搭載しています。

HD映像のストリーミング機能を搭載

ビデオ会議の内容を、会議に参加しなくても遠隔地でPCを用いて高画質の映像で視聴することができます

  • * 視聴するには別途Quick TimeがインストールされたPCが必要です
  • * 視聴可能な内容はメインモニターに表示されている映像・音声です
  • * マルチキャストネットワークが必要です

価格

希望小売価格(税別)オープン価格

まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

本体背面図

仕様表 PCS-XC1

ITU-T標準に準拠

端末方式
ITU-T H.323、IETF SIP
画像符号化方式
H.263、H.263+、H.263++、H.264、MPEG-4@L3(SIPのみ)
音声符号化方式
G.711(3.4kHz@56/64kbps)、G.722(7.0kHz@48/56/64kbps)、G.728(3.4kHz@16kbps)、MPEG-4 AAC Mono(11kHz@48/64/96kbps)、MPEG-4 AAC Mono(22kHz@64/96kbps)
遠隔カメラコントロール
H.281(ズーム/フォーカス/パン/チルト/プリセット移動可能)
フレームフォーマット
H.225.0
デュアルストリーム
H.239(Presentation)
暗号化
H.235 Version 3
その他
H.460.18、H460.19、H.350

通信速度

IP接続時
64 - 4,096kbps

映像

有効画素数
【4:3時】
QCIF(176×144)、CIF(352×288)、4CIF(704×576)
【16:9時】
WCIF(W288p)(512ピクセル×288ライン)、W432p(768ピクセル×432ライン)、W4CIF(1024ピクセル×576ライン)、720p(1280×720)、1080p(1920×1080)(注1)
フレーム数
最大60フレーム(H.264 720p、1080p時(注1))、最大30フレーム(H.263/H.263+/H.263++/MPEG-4 SP@L3時)
画面表示
フルスクリーン/PinP/PandP/Side by Side/PandPandP

音声

高音質機能
モノラルエコーキャンセラー(ON/OFF切り換え可能)、オートゲインコントロール、オートノイズリダクション
リップシンク機能
AUTO/OFF切り換え可能
マイクオフ機能
ON/OFF切り換え可能

静止画

符号化方式
-
画素数
-
伝送時間
-

入/出力端子

映像入力
HDMI×1(注2)
映像出力
HDMI×1
音声入力
外部マイク入力(プラグインパワー対応)×1
音声出力
HDMI×1
ネットワーク
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1
外部制御
Mini-USB×1(メンテナンス用)(注3)
その他
USB×2(注4)

カメラ

撮像素子
1/2.8型 Exmor CMOS
画素数
約200万画素(有効画素数)
プリセット
100ヶ所
フォーカス
オート/マニュアル
露出機能
オート(オートゲインコントロール)
ズーム
144倍ズーム(光学12倍×デジタル12倍)
水平画角
70.1度(ワイド端)
パン/チルト
水平±100度/垂直±25度
SN比
-
電源
-
その他
オートホワイトバランス、逆光補正、ViewDR

その他の機能

USBメモリー
静止画(JPEG)の保存、バージョンアップ、プライベートアドレス帳機能(自動発信機能)、機器設定の保存/ロード、アドレス帳の保存/ロード、会議内容の録画
同時接続拠点数
-
地点名表示機能
可(多地点接続参加時)
ネットワークプロトコル
TCP/IP、UDP/IP、DHCP、DNS、HTTP、TELNET、SSH、SNMP、NTP
ネットワーク機能
パケット再送機能(Real-time ARQ)、前方誤り訂正機能(Adaptive FEC)、最適レート制御機能(ARC)、リオーダー機能、ポートの任意設定、NAT対応、PPPoEのサポート、暗号化機能、IP Precedence/DiffServのサポート、UDP生成、自動ゲートキーパー検出、UPnP、IPv6
外部制御機能
TELNET/SSH、WEBブラウザーまたはMini-USB経由で制御可能
パスワード機能
管理者向け
ストリーミング・レコーディング機能
可能
データ会議機能
PC画面を(SXGAまで)送受信可能
PC画面を(1920×1080まで)送受信可能(注1)

電源・消費電流

電源
DC19.5V
付属ACアダプターから供給(AC100-240V、50/60Hz)
消費電流
3A(DC19.5V)

外形寸法・質量

外形寸法(幅×高さ×奥行)
約206×175×152mm(突起部含まず)
質量
約1.8kg
カメラユニット:約1.45kg

付属品

専用マイク(PCS-A1×1)、ACアダプター、HDMIケーブル、電源コード、RFリモコン、リモコン用電池×2、 ご使用になる前に、設置ガイド、B&Pワランティブックレット、本体保証冊子(無償保証修理記入シート付き)、ユーザー登録シート

  • (注1)1080p解像度はオプションの1080p送受信ソフトウェア(PCSA-RXC1)のインストールが必要です
  • (注2)HDCP非対応です。音声信号入力非対応です
  • (注3)このポートにPCを接続するためには、Mini-USB⇔USBケーブルが必要です
  • (注4)USBメモリーはUSB2.0のみ対応となります

テレビ会議の導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。テレビ会議を導入した成功事例をご紹介します。