まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Cisco CMR Cloud ( Collaboration Meeting Rooms Cloud )
Web会議をベースにしたクラウドサービスで簡便に多地点会議を実現

Cisco CMR Cloudは、Web会議をベースにクラウド上でテレビ会議など他のシステムとのコラボレーションや、多地点(MCU)接続を可能にするサービスです。

Cisco CMR Cloud ( Collaboration Meeting Rooms Cloud )とは

Cisco CMR Cloudは、シスコが提供するWeb会議「Cisco WebEx」のオプションで、クラウド上にテレビ会議スペースを設けるサービスです。Cisco CMR Cloud ならシスコ社のテレビ会議システムはもちろんのこと、他社の端末やシステムからも会議に参加でき、特別な設備を用意することなく多地点会議を実現することができます。

もちろん、WebEXと同様に「会議を録画しクラウド上に保存する」ことも可能ですので、同じ時刻には会議に参加できなかった方への共有も手間がかかりません。

Cisco CMR Cloudの三つのメリット

Cisco CMR Cloudは、今まで「多地点会議」に興味があっても敷居が高いと感じていたお客様に「多地点会議」をもっと身近なものにすることができます。Cisco CMR Cloudが実現する三つのメリットをご紹介します。

メリット1専用のインフラ(サーバー)を用意せずに25端末までの会議参加できる

Cisco CMR Cloudはクラウド上にある「Cisco WebEx」をベースにテレビ会議を行いますので、多地点会議を実現するためのインフラ(サーバー)をご用意いただく必要がありません。

また、会議には、テレビ会議端末が25端末まで、Cisco WebExが25~最大500端末まで(さらに、映像無しで音声のみなら追加で500端末まで)参加することができます。

メリット2既存の端末が利用できる

テレビ会議端末としては、シスコ社製のテレビ会議端末やテレビ会議に対応したIP電話はもちろん、URIコールに対応できる他社製H.323テレビ会議端末およびSIPテレビ会議端末が利用できます。

また、WebExの端末としては、インターネットにつながる機器(PC、スマートフォン、タブレット)からご利用いただけます。

メリット3外出先からの会議参加や、取引先の担当者が参加することもできる

「インターネットにつながる機器」であればWebExからの会議参加が可能なので、モバイル機器で外出先から会議に参加したり、取引先の担当者が特別な機器を用意すること無く会議に参加したりすることができます。

通信インフラの選定基準が分からない?大塚商会が最適なプランをご提案します

「Web会議とテレビ会議の使い分け」や「専用のインフラを持った方が良いのか否か?」ということは、最適な状態が分かりづらいものです。

疑問やご相談は、まずは大塚商会にお問い合わせください! 数多くのメーカー製品を取り扱い、通信環境を構築してきた経験と実績が豊富にある大塚商会が、お客様のご予算・ご要望に合わせた「真に役立つ、最適なプラン」をご提案します。

「30日間無料トライアル」で、まずはお試しいただくことも可能です

Cisco CMR Cloudは、30日間無料トライアルを実施中です。まずはお試しいただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ユニファイドコミュニケーション(UC) 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。ユニファイドコミュニケーション(UC)を導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー