まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Web電話帳、フォンアプリ「Collaboration Directory(コラボレーション ディレクトリー)」で在席確認

フォンアプリ「Collaboration Directory(コラボレーション ディレクトリー)」は、Web、スマートフォン、タブレット端末などのさまざまなデバイスから相手の在席確認ができるWebベースの電話帳です。時間や場所に応じて、相手と自分にとって最適なツールでコミュニケーションをとることができ、無駄な電話や取り次ぎをなくせます。

電話帳データを一元化いつどこでも最適な手段で連絡

Collaboration Directory 特長

社員や顧客の連絡先を一元管理し、スピーディーに検索

社員や顧客の連絡先を一元化し、共有/個人電話帳の作成やグループ化など、連絡先を柔軟に振り分けて管理できます。登録した情報は、PC、IPフォン、スマートフォン、タブレット端末のいずれからでも、氏名や部署など目的のキーワードですばやく検索できるため、社員や顧客の情報をスムーズに確認して連絡できます。また、Active Directoryや人事データベースとの連携も可能です。

社員や顧客の連絡先を一元管理し、スピーディーに検索

在席状況を確認でき、社内コミュニケーションの無駄をなくす

相手の在席状況(連絡可能・退席中・通話中・ミーティング中など)を画面上ですばやく確認できるため、電話、メール、ビジネスチャット、伝言メモなど、状況に応じて最適な方法で連絡できます。例えば、相手が離席中の場合はワンクリックで携帯電話へ発信、緊急でない用件の場合はワンクリックでメールを送信といったことが可能になり、コミュニケーションの無駄をなくせます。

在席状況を確認でき、社内コミュニケーションの無駄をなくす

会社にかかった電話を携帯電話に転送し、顧客対応をスピーディーに

顧客からの電話を社員に取り次ぐ場合、社員の在席状況に応じて携帯電話に転送するなど最適な転送先を選択できます。スピーディーな顧客対応を支援します。さらに、携帯電話から会社の番号(0ABJ)で発信するクリックtoコールバック機能により、携帯電話を会社の内線または外線電話にすることもできます。

会社にかかった電話を携帯電話に転送し、顧客対応をスピーディーに

顧客情報を端末に登録する必要がなく、セキュリティも安心

スマートフォンやタブレット端末に顧客情報を直接登録する必要がなく、通話記録にも相手の電話番号が残らないため、紛失時の情報漏えいの心配がありません。電話番号を表示せず名前の表示だけで電話を発信できるため、個人情報を保護できます。また、Web電話帳経由での発信履歴は一元的に管理できます。

顧客情報を端末に登録する必要がなく、セキュリティも安心

ユニファイドコミュニケーションのための豊富な機能

Web電話帳機能に加えて、Cisco Jabber(ビジネスチャット)、Cisco WebEx Meeting(Web会議)連携など、ユニファイドコミュニケーションを実現するための豊富な機能を搭載しています。また、迷惑電話防止機能、オンデマンド音声録音機能、利用状況確認ログ機能、一斉同報機能など、便利な機能も備わっています。

ユニファイドコミュニケーションのための豊富な機能

ユニファイドコミュニケーション(UC) 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。ユニファイドコミュニケーション(UC)を導入した事例をご紹介します。