まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Web会議 V-CUBE
よくあるご質問【全般】

Web会議 V-CUBE

V-CUBEのよくあるご質問をご紹介します

【全般】サービスに関して

【全般】環境に関して

【全般】Macに関して

【全般】トラブルシューティング

【全般】サービスに関して

申し込みの前に、無料で試用することはできますか?

実際にご利用いただける「無料トライアルアカウント」をお貸し出し可能です。お問い合わせフォームからお申し込みいただけます。

IDとパスワードをなくしてしまったのですが、どうすればいいでしょうか?

お手数ですが、お問い合わせください。

Macで利用できますか?

はい、ご利用いただけます。
ただし、一部のツールと機能(Sharingの操作、Checker)はWindowsだけの対応となります

インターネットでなく、イントラネット上で利用することは可能ですか?

はい、可能です。サーバーをお買いあげいただき、イントラネット上で運用するご提供方法をご用意しています。詳しくは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

カメラを貸し出しは行ってますか?

お貸し出し可能です。
詳細は、カスタマーサポートセンターまたは担当営業までお問い合わせください。

セキュリティは万全なのでしょうか?

はい。解読の難しい通信プロトコルを利用しています。
また、一部のサービスに付けられる「暗号化オプション」をご利用いただくことで、映像/音声、テキストチャット、ホワイトボードの操作を128ビットで暗号化通信することも可能です。

最低利用期間など、利用期間に関する制限はありますか?

基本的に制限はありません。 月単位のご利用が可能です。

海外でも利用できますか?

はい、可能です。ウェブベースでのテレビ会議システムであるため、インターネットをご利用することが可能であれば、どなたでも参加していただくことが可能です。

ファイルキャビネット(資料配布機能)にアップロードする資料に容量制限はありますか?

1ファイルにつき、20MBまでアップロード可能です。20MBを超えるファイルは分割してアップロードしていただく必要があります。
ファイルキャビネットにアップロードできる資料の容量の合計に制限はありませんが、多くの資料をアップロードした場合、挙動が不安定になる可能性がありますので、ご注意ください。

【全般】環境に関して

E-Mobileなどのデータ通信カードからの利用は可能ですか?

ブイキューブでは、動作の保証をしていませんが、利用する事は可能です。
「低速回線モード」、「音声優先モード」、「利用帯域設定」など、回線速度の低い環境に合わせた設定も可能です。ただし、データ通信カードの場合は、電波状況などにより利用が困難なケースがあります。

ファイアウォール(リバースプロキシやNAT)からの接続に対応していますか?

はい。ただしプロキシ経由の接続の場合には、プロキシの種類によって、映像・音声の遅延が発生する場合があります。プロキシに対してブイキューブサーバーへの接続を許可する設定にすることで通信を確立させることも可能ですので、別途お問い合わせください。

映像と音声のコーデックは何を使用していますか?

使用しているコーデックはFlashPlayerで使用される以下のコーデックになります。
映像コーデック:Sorenson H.263
音声コーデック:Nellymoser Speech codec

映像で使用しているプロトコルは何でしょうか?

Flash Media Serverで使用される、Adobe社のプロトコルRTMPを使用しています。

映像・音声・データのやりとりや、ログインIDなどには、どのようなセキュリティ対応をしていますか?

ビデオストリーム・ホワイトボード・チャット以外の全ての通信は、SSL通信を利用しています。また、オプション機能により、ビデオストリームの暗号化通信も可能です。

  • *オプション名:暗号化オプション
カメラは何が使えますか? 推奨カメラなどはありますか?

主にUSBカメラを利用することが可能です。

推奨動作環境を教えてください。

動作環境ページをご参照ください。

動作環境

推奨ブロードバンド環境(上り256kbps、下り512kbps以上)とありますが、これ以下の回線速度の場合、どのような不都合が発生するのでしょうか?

会議室への入室が困難になったり、音声遅延、映像遅延などが発生する可能性があります。
「低速回線モード」、「音声優先モード」、「利用帯域設定」など、回線速度の低い環境に合わせた設定での利用も可能です。
なお、各設定の特長は以下になります。
・低速回線モード・・・帯域を下げた状態で入室を行い接続性を上げますが画質が粗くなります。
・音声優先モード・・・映像をOFFにすることで、回線への負荷を減らします。
・利用帯域設定・・・映像帯域を手動で設定することで回線への負荷を減らしますが、画質が粗くなります。

Webカメラの解像度の高いものを利用すると、それに比例して、時映像も向上しますか。

いいえ、自映像の画質は、カメラの解像度に比例しません。 V-CUBEの各サービスでの画像取得サイズのデフォルトは、160×120となります。

  • *Webカメラと契約内容(V-CUBE ミーティングとセールス&サポートでは:ハイクオリティプランや高画質オプション、セミナーではOn2高画質など)の組み合わせによっては、映像の見え方が変化する場合があります。
64bit版OSは利用できますか?

はい、ご利用いただけます。ただし、Flash Playerが64bit版に対応していないため、32bit版のWebブラウザーをご使用いただく必要があります。

【全般】Macに関して

推奨のマイクなどありますか?

USBタイプの利用を推奨します。ピンジャックタイプでもご利用可能ですが、ピンジャックやパソコンの接続部分が劣化すると、ノイズが発生しやすくなります。カメラやパソコン本体の内蔵マイクでも音声の取得は可能ですが、ハウリングやエコーが発生する原因となります。

会議中に他の作業をしていると、会議の処理が遅いように感じるのですが?

最前面での利用を推奨します。 OSやブラウザーの設定によっては、会議の画面がバックグラウンドに回った際の処理が遅くなるため、常に最前面で利用してください。

自分の映像が表示されません。
  1. カメラが接続されていますか?
    →接続されていない。
    USBカメラもしくは、IEEE1394のカメラを接続してください。
    →接続されている(2へ進む)
  2. カメラはOSに認識されていますか?
    →認識されていない。
    カメラのマニュアルに従い、ドライバーをインストールするなどして、カメラを認識させてください。
    →認識されている。(3へ進む)
  3. 「カメラ切り替え」ボタンを何度かクリックして映像が表示されますか?
    →表示される。
    カメラが複数台つながっている場合や、OSの状態によってはカメラ切り替えボタンを押さないとカメラが利用できない場合があります。
    • *Macでは標準でカメラドライバーを持っているため、USBカメラ利用の場合は必ず切り替えを行う必要があります。
    →表示されない。(4へ進む)
  4. 「会議室に入室」ボタンを押した後に表示される小さなウィンドウで、「許可」をクリックしましたか?
    →クリックしていない。
    会議ウィンドウを閉じて、再度、会議室に入室してください。
    その際に、必ず「許可」をクリックするようにしてください。
    →クリックした。(5へ進む)
  5. ほかにカメラを使うアプリケーションは起動していませんか?
    →起動している。
    カメラを使う他のアプリケーションを終了し、会議ウィンドウを閉じて、再度、会議室に入室してください。
    →起動していない。
    対応していないカメラである可能性か、カメラが壊れている可能性があります。また、パソコンの再起動を一度お試しください。カメラの不具合につきましては各メーカーへお問い合わせください。
相手の映像が表示されません。
  1. 相手がログインしていますか?
    →ログインしていない。
    相手の方へ会議室への入室のお願いをしてください。
    →ログインしている。(2へ進む)
  2. 相手の方ご自身の映像が、会議室上で見えていますか?
    →見えていない。
    Checker2やカメラ自体のソフトウェアなど、別のアプリケーションでWebカメラの映像を取得・表示している可能性があります。相手の映像が相手の会議室上で表示されるように設定してください。
    (『自分の映像が表示されない』を参照)
    →見えている。(3へ進む)
  3. 相手の方の名前は表示されていますか?
    →表示されている。
    何らかのシステムトラブルの可能性があります。
    再度、会議室に入室し直してください
    。→表示されていない。(4へ進む)
  4. チャットウィンドウに文字を打ち込んで送信を押した後、チャットウィンドウにその内容が表示されますか?
    →表示されない。
    お客様が正常に接続できていない可能性があります。
    再度、会議室に入室し直してください。
    →表示される。
    相手が正常に接続できていない可能性があります。
    相手に会議室への再入室のお願いをしてください。(『自分の映像が表示されない』を参照)
自分の音声が相手に届きません。
  1. パソコンにマイクは接続されていますか?
    →接続されていない。
    パソコンにマイクを接続し、会議室へ再入室してください。
    →接続されている。(2へ進む)
  2. 会議開始後に表示される小さなウィンドウで「許可」をクリックしましたか?
    →クリックしていない。
    再度、会議室に入室し直してください。その際に必ず「許可」をクリックしてください。
    →クリックした。(3へ進む)
  3. パソコンのマイクがミュートの設定になっていませんか?
    →なっている。
    [システム環境設定]→[ハードウェアの項目]内→[サウンド]を選択→[入力]→[主音量]→[消音]にチェックを外してください。
    →なっていない。(4へ進む)
  4. マイク切り替えボタンを何度かクリックして、相手に自分の音声が届くようになりますか?
    →届く。
    Macでは、マイク切り替えボタンを押さないとマイクが利用できない場合があります。
    →届かない。
    マイクが故障しているか、お使いのコンピューターでは使えない可能性があります。また、パソコンの再起動を一度お試しください。マイクの不具合につきましては各メーカーへお問い合わせください。 Macの音声入力はほとんどの場合、音声入力端子が使えない場合があります。ブイキューブではUSBアダプターを必ずご使用になる事を推奨しています。
相手の音声が自分に届きません。
  1. スピーカーもしくはヘッドフォンはつながっていますか?
    →つながっていない。
    スピーカーもしくはヘッドフォンを接続し、会議室へ再入室してください。
    →つながっている(2へ進む)
  2. パソコンのスピーカーもしくはヘッドフォンがミュートになっていませんか?
    →ミュートになっている。
    [システム環境設定]→[ハードウェアの項目]内→[サウンド]を選択→[出力]→[主音量]→[消音]のチェックを外して、ボリュームを上げてください。
    →ミュートになっていない(3へ進む)
  3. パソコン本体のボリュームがOFFになっていませんか?
    • *パソコン本体にボリューム調節のツマミがある場合があります。
    →なっている。
    ボリュームを上げてください。(パソコン本体のボリューム)
    →なっていない。
    相手の設定が正常でない可能性があります。
    相手側にFAQの『自分の音声が相手に届かない。』の確認をお願いをしてください。
音が小さいのですが、どうすれば大きくなりますか?

ミュート、もしくはボリュームが小さくなっていませんか?
[システム環境設定]から、[サウンド]を開きます。
[出力]を選択すると、音量調節の出力レベルを調整できます。

自分の声がエコーしてしまいます。直し方はありますか?

相手側がスピーカーを使っていませんか?
→使用している。
あなたの声を相手側のマイクが拾っています。ヘッドセットをご利用いただければエコーは無くなります。相手側でスピーカーの使用がやむを得ない場合は、エコーキャンセラー付きのマイクが必要になります。
→使用していない。
相手のヘッドセットが安価な物だと、多少自分の声が戻ってくる可能性があります。

相手の声がノイズが多くてよく聞こえません。
  1. 相手はヘッドセットを使用していますか?
    →使用していない。
    ヘッドセットをご利用いただいてください。
    →使用している(2へ進む)
  2. 相手のヘッドセットのマイクが、音声集音タイプですか?
    →はい。
    相手のコンピューターに何か問題がある可能性があります。パソコンの再起動のお願いをしてください。
    →いいえ。
    現在の物より高性能なヘッドセットをご利用いただけますようお勧めします。

【全般】トラブルシューティング

回線速度測定中のまま画面が変わりません。

回線速度が非常に遅い、あるいは必要な回線速度・帯域などを確保出来ていない可能性があります。 再度、入室していただきますと回線環境を再確認しますので、問題が解決する場合があります。

--上記の方法で解決しない場合について

  1. ブイキューブの推奨環境(回線、パソコンスペック)を満たしていない場合がありますので、ブイキューブ推奨環境をご確認ください。
    また、ご利用中の環境において下記のような状況の場合、ブイキューブサーバーへの安定した接続が困難になる可能性があります。
  2. ご利用中の回線の速度が遅い、不安定になっている場合。
    ADSL契約の場合など、時間帯やプロバイダーの混雑状況によっては回線速度が遅くなっていたり、接続性が不安定になる場合があります。 プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  3. ご利用中のプロバイダーの機能によって通信が制限されている場合。
    プロバイダーによっては、標準でストリーミングなどの通信を制限する機能が働いている場合があります。プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  4. ウイルス対策などのセキュリティソフトの機能によって通信が制限されている場合。
    セキュリティソフトの機能によってはストリーミングなどサーバーと通信を行い続けている状態をパソコンへの脅威として接続を遮断する場合があります。 セキュリティソフトの設定の変更をお試しください。
  5. ファイヤーウォール、プロキシサーバー、ルーターなどの機能により通信が制限されている場合。
    企業内からの閲覧の場合、外部サイトへのアクセスが制限されている場合があります。 ブイキューブサーバーに対する制限の解除を行ってください。
回線速度を測定する画面でエラーが表示されます

回線速度が非常に遅い、あるいは回線を確保出来ていない可能性があります。 再度入室すると回線を再確認しますので、解決する場合があります。 上記の方法で解決しない場合は、ブイキューブの推奨環境(回線、パソコンスペック)を満たしていない場合がありますので、ブイキューブ推奨環境をご確認ください。

上記の方法で解決しない場合について

  1. ブイキューブの推奨環境(回線、パソコンスペック)を満たしていない場合がありますので、ブイキューブ推奨環境をご確認ください。
  2. また、ご利用中の環境において下記のような状況の場合、ブイキューブサーバーへの安定した接続が困難になる可能性があります。
  3. ご利用中の回線の速度が遅い、不安定になっている場合。
    ADSL契約の場合など、時間帯やプロバイダーの混雑状況によっては回線速度が遅くなっていたり、接続性が不安定になる場合があります。 プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  4. ご利用中のプロバイダーの機能によって通信が制限されている場合。
    プロバイダーによっては、標準でストリーミングなどの通信を制限する機能が働いている場合があります。プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  5. ウイルス対策などのセキュリティソフトの機能によって通信が制限されている場合。
    セキュリティソフトの機能によってはストリーミングなどサーバーと通信を行い続けている状態をパソコンへの脅威として接続を遮断する場合があります。 セキュリティソフトの設定の変更をお試しください。
  6. ファイヤーウォール、プロキシサーバー、ルーターなどの機能により通信が制限されている場合。
    企業内からの閲覧の場合、外部へのアクセスが制限されている場合があります。 ブイキューブサーバーに対する制限の解除を行ってください。
毎回、会議中に「切断されました」となってしまいます。

当システムでは、会議サーバーに対して一定時間ごとに「正常に会議が行われている」(通信されている)ことを確認しています。そのため、遅延が著しく発生している場合、サーバー側が接続していない状況と誤認し切断する場合があります。サーバーと切断される場合、会議室内では遅延が確認されない場合でも、根本的な原因は遅延と同じになります。

  • *プロキシが存在する場合やパソコン・回線環境がブイキューブ製品の動作環境を下回っている可能性があります。
遅延がひどく、会議になりません。
  1. Checker2でご利用環境の診断を行ってください。
    • *Checker2についてはChecker2ご利用マニュアルをご参照ください。
  2. 回線は何をお使いですか?
    →ISDN  or ダイヤルアップ推奨の回線速度が維持できません。
    快適で安価なBフレッツをお勧めします。
    →ADSL/Bフレッツ/その他、光やケーブルテレビなど (3へ進む)
  3. プロキシ経由の接続ですか?
    →プロキシ経由です。
    プロキシ経由の接続の場合、プロキシサーバーの特性上、遅延が発生する可能性があります。ただし、1935ポートを外向きに開けていただければプロキシサーバーを介さずに通信ができますので、遅延の回避が可能となります。詳細はネットワーク管理者にその旨ご相談ください。
    →プロキシ経由ではない(4へ進む)
  4. お使いのパソコンは、推奨環境を満たしていますか?
    →分かりません。
    一度Checker2をご利用ください。計測結果がランクやポイントで表示されます。 推奨のスペックを満たしていません。映像などを処理するに当たり、ある程度のスペックが要求されます。大変恐縮ではありますが、推奨環境以上のパソコンでご利用ください。
    →はい。(5へ進む)
  5. 何かほかのアプリケーションが起動していませんか?
    →はい。
    システムのリソース不足の可能性がありますので、他のアプリケーションを終了してください。
    →いいえ。
    ご利用のパソコン自体に搭載されていますビデオチップが遅延の原因かと思われます。少し古いタイプやノートパソコンなどでは映像を見るに適したスペックになっていないことがあります。お手数ですが再度、別のパソコンでご利用ください。
自分の映像が表示されません。
  1. Checker2でご利用環境の診断を行ってください。
    • *Checker2についてはChecker2ご利用マニュアルをご参照ください。
  2. パソコンにマイクは接続されていますか?
    →接続されていない。
    パソコンにマイクを接続し、会議室へ再入室してください。
    →接続されている。(3へ進む)
  3. 会議開始後に表示される小さなウィンドウで「許可」をクリックしましたか?
    →クリックしていない。
    再度会議室に入室し直してください。その際に必ず「許可」をクリックしてください。
    →クリックした。(4へ進む)
  4. パソコンのマイクがミュートの設定になっていませんか?
    →なっている。
    [コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[音量]の画面でマイクのミュートを外し、ボリュームを高に設定してください。
    →なっていない。(5へ進む)
  5. [コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[オーディオ]→[録音]→[音量]→[録音コントロール]の画面で「マイク」にチェックがはいっていますか?
    →入っていない。
    「マイク」にチェックをいれてください。
    →入っている。(6へ進む)
  6. マイク切り替えボタンをクリックして、相手に自分の音声が届くようになりますか?
    →届く。
    マイクが複数台つながっている場合や、OSの状態によってはマイク切り替えボタンを押さないとマイクが利用できない場合があります。
    →届かない。
    マイクが故障しているか、お使いのコンピューターでは使えないマイクの可能性があります。また、パソコンの再起動を一度お試しください。マイクの不具合につきましては各メーカーへお問い合わせください。
相手の映像が表示されない。
  1. 相手の方にChecker2でご利用環境の診断を行っていただいてくださ
    • *Checker2についてはChecker2ご利用マニュアルをご参照ください。
  2. 相手がログインしていますか?
    →ログインしていない。
    相手の方へ会議室への入室のお願いをしてください。
    →ログインしている。(3へ進む)
  3. 相手は相手自身の映像を相手のパソコン上で見えていますか?
    →見えていない。
    相手の映像が相手のパソコン上で表示されるように設定してください。(『自分の映像が表示されない』を参照)
    →見えている。(4へ進む)
  4. 相手の名前は表示されていますか?
    →表示されている。
    何らかのシステムトラブルの可能性があります。再度、会議室に入室し直してください。
    →表示されていない。(5へ進む)
  5. チャットウィンドウに文字を打ち込んで送信を押した後、チャットウィンドウにその内容が表示されますか?
    →表示されない。
    お客様が正常に接続できていない可能性があります。再度、会議室に入室し直してください。
    →表示される。
    相手が正常に接続できていない可能性があります。相手に会議室への再入室のお願いをしてください。(『自分の映像が表示されない』を参照)
相手の音声が自分に届きません(音が出ない)。
  1. Checker2でご利用環境の診断を行ってください。
    • *Checker2についてはChecker2ご利用マニュアルをご参照ください。
  2. スピーカーもしくはヘッドフォンはつながっていますか?
    →つながっていない。
    スピーカーもしくはヘッドフォンを接続し、会議室へ再入室してください。
    →つながっている(3へ進む)
  3. パソコンのスピーカーもしくはヘッドフォンがミュートになっていませんか?
    →ミュートになっている。
    [コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[音量]の画面でマイクのミュートを外し、ボリュームを高に設定してください。
    →ミュートになっていない(4へ進む)
  4. パソコン本体のボリュームがOFFになっていませんか?
    →なっている。
    ボリュームを上げてください。(設定ではなく、パソコン本体のボリューム)
    →なっていない。
    相手の設定が正常でない可能性があります。相手側にFAQの『自分の音声が相手に届かない。』を確認してください。
自分の音声が相手に届かない。
  1. Checker2でご利用環境の診断を行ってください。
    • *Checker2についてはChecker2ご利用マニュアルをご参照ください。
  2. パソコンにマイクは接続されていますか?
    →接続されていない。
    パソコンにマイクを接続し、会議室へ再入室してください。
    →接続されている。(3へ進む)
  3. 会議開始後に表示される小さなウィンドウで「許可」をクリックしましたか?
    →クリックしていない。
    再度会議室に入室し直してください。その際に必ず「許可」をクリックしてください。
    →クリックした。(4へ進む)
  4. パソコンのマイクがミュートの設定になっていませんか?
    →なっている。
    [コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[音量]の画面でマイクのミュートを外し、ボリュームを高に設定してください。
    →なっていない。(5へ進む)
  5. [コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[オーディオ]→[録音]→[音量]→[録音コントロール]の画面で「マイク」にチェックがはいっていますか?
    →入っていない。
    「マイク」にチェックをいれてください。
    →入っている。(6へ進む)
  6. マイク切り替えボタンをクリックして、相手に自分の音声が届くようになりますか?
    →届く。
    マイクが複数台つながっている場合や、OSの状態によってはマイク切り替えボタンを押さないとマイクが利用できない場合があります。
    →届かない。
    マイクが故障しているか、お使いのコンピューターでは使えないマイクの可能性があります。また、パソコンの再起動を一度お試しください。マイクの不具合につきましては各メーカーへお問い合わせください。
音が小さいのですが、どうすればいいでしょうか?

ミュートもしくはボリュームが小さくなっていませんか?
[コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]→[音量]の画面でマイクのミュートを外し、ボリュームを高に設定してください。

自分の声がエコーしてしまいます。直し方はありますか?

相手側がスピーカーを使っていませんか?
→使用している。
あなたの声を相手側のマイクが拾っています。ヘッドセットをご利用いただければエコーは無くなります。相手側でスピーカーの使用がやむを得ない場合は、エコーキャンセラー付きのマイクが必要になります。
参考:エコーキャンセラー付きマイク ヤマハ社 PJP-20UR
→使用していない。
相手のヘッドセットが安価な物だと、多少自分の声が戻ってくる可能性があります。

相手の声がノイズが多くてよく聞こえません。
  1. 相手はヘッドセットを使用していますか?
    →使用していない。
    ヘッドセットをご利用いただいてください。
    →使用している(2へ進む)
  2. 相手のヘッドセットのマイクが、音声集音タイプですか?
    →はい。
    相手のコンピューターに何か問題がある可能性があります。パソコンの再起動をお試しください。
    →いいえ。
    現在の物より高性能なヘッドセットをご利用いただけますようお勧めします。
クリックしてもページが表示されません(ポップアップ表示がブロックされてしまう)。

「Windows XP Service Pack 2」をご利用されている方は、ポップアップ表示がブロックされてしまいます。 Windows XPのService Packを最新版にアップデートしてください。
アップデートができない場合、次の方法をお試しください。

▼Webブラウザーの設定(IEの場合)
ブラウザーのツールバーより「ツール」を選択、メニューから「ポップアップブロック」→「ポップアップブロックの設定」を選択し、クリックします。
「許可するWebサイトのアドレス」に『www.nice2meet.us』と入力し、「追加」ボタンをクリックします。
「閉じる」ボタンをクリックし、設定ウィンドウを閉じます。以上で設定は完了です。

3G対応の携帯電話を呼び出してもつながりません。

「Mobile」の着信は「非通知」となっています。
携帯電話側が非通知着信を拒否する設定になっている場合は、許可する設定に変更を行ってください。

映像の縦横比がおかしい場合、どうしたら直りますか?

ご使用中のビデオデバイスによっては、映像取得サイズを変更した際に映像の縦横比が変更されたり、上下に黒い帯が入る可能性があります。ご利用中のデバイスの縦横比や設定等をご確認ください。

ログインしようとすると、"長時間操作が無いため自動的にログアウトされました。"と表示され、ログインできない。

ブラウザーの設定で、Cookieが禁止になっている可能性があります。 以下の設定をご確認ください。

  • *IE6の場合

ブラウザー上部のメニューの「ツール」から「インターネットオプション」を開き、プライバシータブの「詳細設定」ボタンをクリックします。

ファーストパーティーのCookieの欄の「受け入れる」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
設定は以上で完了となります。

セミナーで配信されている映像が滑らかに表示されません。

セキュリティソフトや、Windowsの自動更新が行われている場合があります。配信前に更新を確認していただくか、自動更新をしないよう設定してください。メールの受信も同様ですのでアプリケーションを終了していただくか、ネットワーク帯域を確保してください。
ネットワーク帯域が確保されいる場合で、映像が滑らかに表示されない場合、映像の処理に必要な環境が確保できていない可能性があります。
CPUの稼働状況が100%に近くなっていたり、メモリーの使用量が100%に近くなっていたりする場合も映像の表示は滑らかでなくなる場合があります。アプリケーションを多数起動している場合、終了してからセミナーを受講してください。

Sharing2が正常に動作しない(画面が黒くなるなど)場合、どうすればいいでしょうか?
  • *Sharing2に関するこのトラブルシューティングは、ミーティング、セールス共通です。
  1. ActiveXがインストールされていない可能性があります。
    →ActiveXをインストールしてください。
    ログイン後の[ツール・マニュアルダウンロード]より、「Sharing2」→[今すぐインストール]ボタンを押下し、「Sharing2」をインストールしてください。
    →ActiveX を管理者権限でインストールする場合
    • * 制限ユーザーで、ActiveXをご自身でインストールできない場合は、管理者権限でインストールする必要があります。
    1. 制限ユーザーを一時的に管理者権限に変更してください。
      デスクトップ左下スタートボタンから[終了オプション]→[ログアウト]を選択し、管理者ユーザーでログインしなおしてください。
      管理者ユーザーでログイン後、左下スタートボタンから[コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]→[アカウントを変更する]を選択し、設定を変更するユーザーを選択します。
      [アカウントの種類を変更する]→[コンピューターの管理者]を選択し、[アカウントの種類を変更(C)]を押下します。
      左下スタートボタンから、[終了オプション]→[ログアウト]を選択し、設定を変更したユーザーでログインしなおしてください。
    2. 管理者に変更後、Active Xをインストールしてください。
      ユーザーページにログイン後、[ツール・マニュアルダウンロード]より、「Sharing2」→[今すぐインストール]ボタンを押下し、「Sharing2」をインストールしてください。
    3. インストール終了後に『管理者』から『制限ユーザー』に変更してください。
      上記作業でにより制限ユーザーでもシェアリングがご利用可能になります。
      左下スタートボタンから、[終了オプション]→[ログアウト]を選択し、管理者ユーザーでログインしなおしてください。
      管理者ユーザーでログイン後、左下スタートボタンから[コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]→[アカウントを変更する]を選択し、設定を変更するユーザーを選択します。
      [アカウントの種類を変更する]→[制限]を選択し、[アカウントの種類を変更(C)]を押下します。
      左下スタートボタンから、[終了オプション]→[ログアウト]を選択し、設定を変更したユーザーでログインしなおしてください。
  2. ウイルスバスターなどのセキュリティアプリと競合している可能性があります。
    →アプリのセキュリティレベルを弱めるか、アプリ自体を終了させてください。
    • *セキュリティソフトの設定の変更については、各ソフトのマニュアルをご参照ください。
  3. インターネットエクスプローラ(IE)のキャッシュをクリアしてください。
    →上部ボタン[ツール]>[インターネットオプション]>中段[ファイルの削除]を押下することでキャッシュを削除することができます。
「プライバシー保護のため、この外部画像の自動ダウンロードを停止しました」というエラーが表示され、ホワイトボードにパワーポイントをアップロードできない。

パワーポイントで資料を作成される際に利用する画像は、埋め込み作成してください。リンクファイル形式で画像を読み込んでいるファイルの場合、ホワイトボードにアップロードする際に変換できませんので、ご注意ください。

Adobe Flash Playerのバージョンチェックでは、最新のものがインストールされていると表示されているが、V-CUBEのサービスにアクセスすると再度インストールするように促す表示が出ます。

Adobe Flash Playerのインストールが失敗している可能性があります。
お手数ですが、一度アンインストールを行い、再度インストールをお願いします。

事前チェックの回線結果が良好ではなかったのですが、どうしたらよいですか。

Checker2や視聴環境チェックにおいて良好でない結果が出た場合について、ご利用中の環境において下記のような状況にあるとき、ブイキューブサーバーへの安定した接続が困難になる可能性があります。

  1. ご利用中の回線の速度が遅い、不安定になっている場合。
    ADSL契約の場合など、時間帯やプロバイダーの混雑状況によっては回線速度が遅くなっていたり、接続性が不安定になる場合があります。 プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  2. 回線の利用方法によって、必要な速度や帯域を確保できない場合。
    例えば社内VPNを利用している場合など、外部サイトへ接続が集中する時間帯に利用すると、あまり良い結果が出ない場合があります。
    必要な回線帯域や速度を確保できていない場合、Web会議やセミナーなどにアクセスした場合にも、遅延・音の途切れ・切断などが発生することがあります。
  3. ご利用中のプロバイダーの機能によって通信が制限されている場合。
    プロバイダーによっては、標準でストリーミングなどの通信を制限する機能が働いている場合があります。プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  4. ウイルス対策などのセキュリティソフトの機能によって通信が制限されている場合。
    セキュリティソフトの機能によってはストリーミングなどサーバーと通信を行い続けている状態をパソコンへの脅威として接続を遮断する場合があります。 セキュリティソフトの設定の変更をお試しください。
  5. ファイヤーウォール、プロキシサーバー、ルーターなどの機能により通信が制限されている場合。
    企業内からの閲覧の場合、外部サイトへのアクセスが制限されている場合があります。 ブイキューブのサーバーに対する制限の解除を行ってください。
遅延がひどい。
  1. 回線は何をお使いですか?
    →ISDN or ダイヤルアップ or 低帯域(64~128kbpsなど)のデータ通信カード
    推奨の回線速度が維持できません。快適で安価なBフレッツをお勧めしま
    す。→ADSL/Bフレッツ/その他、光やケーブルテレビなど(2へ進む)
  2. プロキシ経由の接続ですか?
    →プロキシ経由です。
    プロキシ経由の接続の場合、プロキシサーバーの特性上、遅延が発生する可能性があります。ただし、プロキシに対してブイキューブサーバーへの接続を許可する設定にすることで通信を確立させることも可能ですので、別途お問い合わせください。
    →プロキシ経由ではない(3へ進む)
  3. お使いのパソコンは推奨環境を満たしていますか?
    →いいえ。
    映像などを処理するに当たり、ある程度のスペックが要求されます。大変恐縮ではありますが、推奨環境以上のパソコンでご利用ください。
    →はい。(4へ進む)
  4. 何かほかのアプリケーションが起動していませんか?
    →はい。
    システムのリソース不足の可能性がありますので、他のアプリケーションを終了してください。
    →いいえ。
    ご利用のパソコン自体に搭載されておりますビデオチップが遅延の原因かと思われます。少し古いタイプやノートパソコンなどでは映像を見るに適したスペックになっていないことがあります。お手数ですが再度、別のパソコンでご利用ください。
『V-CUBE ポータル』の受講ボタンを押しても変化がありません。

『V-CUBE ポータル』のセミナー受講ボタンをクリックすると、新しいウィンドウ、またはタブがたち上がります。新しいウィンドウやタブが開かないい場合、Webブラウザーのポップアップブロックが影響している可能性があります。
『V-CUBE ポータル』をご利用の際は、ポップアップブロックの設定を変更してください。

夜間の会議中に突然接続が切断され、再入室を促されました

サーバーメンテナンスのため夜間に一時切断される場合があります。お手数ですが、再入室のうえ会議を再開してください。またこの際、接続先が別のサーバーに切り替わる場合があります。録画を継続する場合は、再度録画ボタンを押下してください。

Windows VistaのInternet Explorer Ver.7のパソコンにてデスクトップ共有を開始し、対向側で操作権を獲得しても、リモート操作ができない

この現象は、WindowsVistaのInternet Explorer Ver.7の保護モードが有効な場合に発生することが確認されています。必要に応じて以下の手順にて保護モードを解除してください。

≪保護モード解除の手順≫

  1. 「ツール」-「インターネットオプション」を開きます。
  2. 「セキュリティ」を開きます。
  3. 「保護モードを有効にする(Internet Exploler の再開が必要)(P)」のチェックを外します。
  4. Internet Explorer7の再起動を行います。
プロキシサーバーなどを利用しています。問題なく使えますか?

プロキシサーバーやファイアウォール、ウイルス対策ソフトなどの設定によっては、ブイキューブサービスに接続した際に、回線速度が非常に遅い、あるいは必要な回線帯域を確保出来ない可能性があります。

--接続が不安定な場合に考えられる要因

  1. ご利用中のプロバイダーの機能によって通信が制限されている場合。
    プロバイダーによっては、標準でストリーミングなどの通信を制限する機能が働いている場合があります。プロバイダーとの契約内容を確認のうえ、プロバイダーにお問い合わせください。
  2. ウイルス対策などのセキュリティソフトの機能によって通信が制限されている場合。
    セキュリティソフトの機能によってはストリーミングなどサーバーと通信を行い続けている状態をパソコンへの脅威として接続を遮断する場合があります。セキュリティソフトの設定の変更をお試しください。
  3. ファイヤーウォール、プロキシサーバー、ルーターなどの機能により通信が制限されている場合。
    企業内からの閲覧の場合、外部サイトへのアクセスが制限されている場合があります。ブイキューブサーバーに対する制限の解除を行ってください。

ナビゲーションメニュー