まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

現場の状況をリアルタイムに把握し作業進捗と品質を向上

工事現場や保守現場の状況を遠隔地からリアルタイムに把握できると、的確な指示や確認が迅速に行えるため、工事や保守業務の効率が大幅に高まります。

現場の作業進行状況を効率的に把握し、的確な指示を出したい

 事務所にいる関係者と現場担当者との打ち合わせ工事の進行管理や保守点検
現状事務所の関係者が現場に赴き、打ち合わせを行う。その他の情報伝達は電話とFAXがメイン。現場の写真を撮ってメールで送ることも。担当者が現地に赴き、確認や点検を行っている。トラブル発生時は電話で関係者に連絡する。
現状の課題事務所の関係者の移動時間やコストといった負荷がかかる。さらに電話やFAXでは、情報が音声または文字のみになってしまい、情報が不足気味。責任者が立ち会わないと進められない行程の場合、業務がストップしてしまうことも。トラブル発生時は、連絡拠点になる担当部の負担が大きく、情報共有に時間がかかってしまう。

利用イメージ

人材育成への活用

新人の現場担当者の場合、一人で現場を任せることが難しいケースも考えられます。ビジュアルコミュニケーションを利用することで、ベテランの方が遠隔から指導することが可能です。また、熟練技術者の作業の様子を、遠隔から若手が見学すれば、技術伝承にも役立ちます。

作業証跡の記録

Web会議を使うことで、証跡を残す効果も。例えば、現場業務が進行するにつれて隠れてしまう部分を(地中の基礎部分や配筋など)録画して、記録として残すことに利用できます。

V-CUBEミーティングで現場の状況を遠隔地からリアルタイムに把握

V-CUBEミーティングなら、PC、タブレット、スマートフォン等デバイスを選ばず、いつでもどこでも遠隔にいる相手とつながれます。リアルタイムの状況報告、現場映像・音声の共有が可能。本部からの指示のスピードアップが可能になります。

V-CUBEミーティング

Web会議の導入事例をご紹介