身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

平均残業時間はどのくらい? 総務・労務に聞く残業の実態

働き方改革関連法が可決・成立! 罰則付き残業規制が導入されます

2019年4月から残業時間の上限規制が順次適用されます。現在、企業の残業の実態はどのようになっているのでしょうか? 企業の総務・労務担当者に実際の残業状況について伺いました。

アンケート調査の実施概要

調査期間
2018年8月22日~8月24日
調査方法
インターネット調査
対象
企業の総務・労務担当者
有効回答数
111名

月間の平均残業時間は「20時間以下」が最多

企業の総務・労務担当者に、自社の月平均残業時間を聞いたところ、最も多かったのが「1~20時間/月(40.5%)」という回答でした。1日当たり多くても1時間前後といったところでしょうか。多くの企業では残業時間の抑制を心掛けているのかもしれません。

一方で平均残業時間を「61~80時間/月」「81時間以上/月」と回答した企業は全体の約1割を占めており、1日平均3~4時間以上もの残業をしている計算になります。長時間労働がこのまま続けば、従業員の健康へ影響は元より、離職や入社希望者の減少など、企業の経営にも影響が出てくるのではないでしょうか。

Q:あなたの会社の平均残業時間をお聞かせください。

多くの企業が既に残業抑制に取り組んでいる

続いて残業時間の抑制・削減の取り組みを行っているかどうかを質問すると、「行っている」または「今後行う予定である」と回答した企業は98.7%にもなり、ほぼ全ての企業で残業の抑制に取り組む姿勢が高いことが伺えます。

さらに、今回のアンケート調査では「残業時間の上限を設定している・設定する予定がある」という回答が、全体の73%に及びました。2018年6月に成立した「働き方改革関連法」では、原則として残業は月45時間までという上限規制が設けられることが閣議で定められましたが(注)、既に多くの企業が長時間労働を見過ごさず、残業時間の削減に取り組んでいるようです。

  • (注)時間外労働の上限規制は、大企業で2019年4月1日から、中堅・中小企業で2020年4月1日より施行されることになります。

Q:残業時間を抑制・削減する取り組みは行っていますか。

残業時間を削減できない理由は人員不足? それとも作業効率の低下?

企業の多くが残業時間の削減・抑制に取り組み、成果を上げていますが、それでもなお、全体の6割の企業で、1日あたり平均2時間以上の残業をしています。残業時間を削減しようとしているにもかかわらず、思うほどには削減できていない理由を、総務・労務担当者は、どこにあると考えているのでしょうか。

残業時間が減らない理由

  • 人手不足だから
  • 適切な人員配置が行えていない
  • 作業効率が落ちているため
  • 社員一人に対する業務量が多すぎる
  • 客先からの突発的な要求に対応するため
  • やりがいのある仕事だから

残業時間が減らない理由として業務量や人員配置といった物理的な理由だけでなく、社員の意識も影響していると考えている総務・労務担当者もいるようです。残業削減・抑制の取り組みによりある程度の改善は見られたものの、さまざまな理由からこれ以上の残業削減・抑制は難しいと考えているのかもしれません。

残業時間の削減は会社全体のテーマ

残業を多いままにしておくと社員の健康リスクが高まり、ひいては経営にも影響が出ます。2019年4月からは、上限を超えて長時間労働をさせると罰則が適用されます。それだけ、現代日本において残業時間削減は大きなテーマになっているのです。一方で「人手不足」「作業効率の低下」と、残業時間の長い理由が分かっていても、それを解決するための施策を考え出すことは、なかなか難しいものです。

お客様に合わせた「残業を削減する方法」をご提案

大塚商会では、豊富なソリューションと効果的なコンサルティングにより、残業時間抑制を含む働き方についてのご提案や、必要に応じて勤怠管理システムの見直しからアドバイスを行うことが可能です。

多くの実績を持つ大塚商会が、残業時間削減含む働き方をお客様の実情に合わせてご提案します。ぜひご相談ください。

大塚商会の残業抑制ソリューション

すぐに「働き方改革」の情報を入手したい方へ! 無料資料・セミナーのご紹介

大塚商会では働き方改革を検討するお客様にさまざまな情報をお届けしています。ぜひご活用ください。

「働き方改革」に関する複数の資料を集める

「ITで働き方改革」無料資料ダウンロード

テレワークや残業抑制を実現するソリューション・事例を紹介した資料をご用意しました。ダウンロードしてご活用ください。

  • 多数のソリューションを掲載!
  • 身近なITで実現できるヒントが満載!

資料をダウンロード(無料)

上記以外の資料もあります。「働き方改革」無料資料ダウンロード 一覧を見る

「働き方改革」に関するeラーニングを無料で受講する

働き方改革のeラーニングでは、働き方改革を進めるうえで知っておくべき知識やポイントを簡単に学ぶことができます。社員全員が働きやすい環境をつくり、全ての社員がその能力を十分に発揮できるような職場づくりを目指してはいかがでしょうか。

お客様マイページへログインすることで、自席のパソコンで働き方改革に関するeラーニングを無料で受講することができます。働き方改革を進めるうえで必要な知識の習得や社員教育にご活用ください。

働き方改革 eラーニング【受講無料】

「働き方改革」のセミナーに参加する

テレワーク推進の第一人者に学ぶ

働き方改革を進めるにあたって不可欠な「テレワーク」。働き方改革の悩みを解決する考え方やノウハウなどをテレワーク推進の第一人者として知られる「田澤 由利」氏にご紹介いただきます。

株式会社テレワークマネジメント
代表取締役 田澤 由利(たざわ ゆり)氏

テレワークが解決する「働き方改革6つの悩み」

大塚商会の関連サイトを見る

大塚商会がご提案する働き方改革の各ITソリューションをまとめてご紹介します。

ITで働き方改革(特設サイト)

基幹アプリケーションを利用して、新たな働き方創造と生産性向上を実現します。

ERPナビ(働き方改革)

さまざまな提案資料、比較表、メーカーからの特別提供資料やセミナー配布資料などが無料で入手できます。

即効!ITライブラリー

身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215 (平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00155642

ナビゲーションメニュー