身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

企業の担当者に聞く!Windows 7 のサポート終了は意識してる?

古いバージョンが「良くないことは知っている」のに使い続けていませんか

2020年にWindows 7のサポートが終了します。そこで企業の総務・労務担当者に、社内で使用しているPCのバージョンや最新OSへの更新についての考えを伺いました。

アンケート調査の実施概要

調査期間
2018年12月6日~12月8日
調査方法
インターネット調査
対象
企業の総務・労務担当者
有効回答数
111名

半分以上の企業が「古いバージョンのOS」を使っている

企業の総務・労務担当者に、社内で使用しているPCのOSのバージョンについて伺ったところ、2018年12月時点で最新型の「Windows 10」を使用していると回答した企業は、全体の44.1%。つまり、半数以上が古いOSをそのまま使用していることになります。

古いOSの中で最も多く使用されているWindows 7は、2020年でサポートが終了することがマイクロソフト社より発表されています。Windows 7以前のOSを使用している企業のうち、62.5%が、このことを「知っている」と回答しました。サポートが終了すると、不具合や問題点を修正するためのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、セキュリティリスクが高まります。しかし、少なからぬ企業が間もなくサポートが終了することを知りながら、社内でサポート終了、または終了間近のOSを使っていることが分かりました。

Q:社内で使用しているパソコンのバージョンで、最も多いものを教えてください。

Q:Windows 7 サポート終了により、セキュリティ更新プログラムなど、パソコンに必要な更新とサポートが受けられなくなります。このことを知っていますか?

古いOSを使い続ける理由は、「時間」「知識」「予算」の不足

半分以上の企業が「古いバージョンのOS」を使っているという結果が出ていますが、なぜリスクが高いことを知っていながら古いOSを使い続けているのでしょうか。

その理由をひもといてみると、「今までのバージョンを使い慣れているから(28.0%)」と「移行を行うための予算・費用がないから(28.0%)」という回答が多く、OSの移行により使い勝手が変わることへの心配や、予算を確保する余裕がないために、従来のままの環境で業務を進めているようです。

Q:サポート終了を知っていながら、旧来のOSをそのまま使い続けている理由は何ですか。

しかし、古いバージョンのOSで業務を行っていると、最新バージョンのOSと比べて重大なトラブルが起こりやすく、また、トラブルの修復には多くの費用がかかります。「サポート終了直前に最新版へ更新すればいいと考えているから(24.0%)」と先延ばしにしている間にトラブルに見舞われるおそれもないとはいえません。「バージョンアップにより今まで使えていたソフト等が使えなくなるおそれがあるから(24.0%)」という回答も多く、最新版OSと使用中のソフトや周辺機器との適合性に関する不安から更新を控えている様子も見られました。

可能なら最新のOSにして、働き方も最新にしたい

古いOSを使い続ける一方で、その約6割がサポート終了前に、最新版へ移行したいと思っていると回答しています。費用や環境などさまざまな懸念はありながらも、社内のOSを最新版にしてセキュリティや業務効率などを高めることへの意欲は高い、ということがいえそうです。

また、調査の中では古いOSのままであるために「リモートワークなど新たな働き方に対応できない」という意見も見られました。最新のWindows 10は、快適性、安全性の面で大きく進化。多様な働き方に対応するパフォーマンスとセキュリティを兼ね備えています。

Q:サポート終了前にOSを最新版に更新しようと思いますか。

最新のOSで安心・安全の業務環境と効率化を実現しよう

手間と費用がかかるからとOSの更新を先延ばしにすることで、セキュリティリスクが高まり、最新のOSと比べて情報漏えいなどのトラブルに見舞われやすくなります。トラブルが起これば修復に多額の費用がかかったり、業務に支障が出たりするだけでなく、社会的な信用を失うことにもなりかねません。また、新たな働き方に対応できず、業務効率を落としてしまうことにもなります。

サポート終了期限が来る前にOSを更新することは、予算・費用を抑えて安心・安全かつ効率的な業務環境を実現することにつながります。

大塚商会が最新版OSへの更新をご提案

大塚商会では、豊富なソリューションと効果的なコンサルティングにより、貴社の環境に合わせて最新版OS「Windows 10」への移行のご提案とアドバイスを行うことが可能です。

多くの実績を持つ大塚商会が、お客様に合わせたテレワークの導入をお手伝いします。ぜひご相談ください。

すぐに「働き方改革」の情報を入手したい方へ! 無料資料・セミナーのご紹介

大塚商会では働き方改革を検討するお客様にさまざまな情報をお届けしています。ぜひご活用ください。

「働き方改革」に関する複数の資料を集める

「ITで働き方改革」無料資料ダウンロード

テレワークや残業抑制を実現するソリューション・事例を紹介した資料をご用意しました。ダウンロードしてご活用ください。

  • 多数のソリューションを掲載!
  • 身近なITで実現できるヒントが満載!

資料をダウンロード(無料)

上記以外の資料もあります。「働き方改革」無料資料ダウンロード 一覧を見る

「働き方改革」に関するeラーニングを無料で受講する

働き方改革のeラーニングでは、働き方改革を進めるうえで知っておくべき知識やポイントを簡単に学ぶことができます。社員全員が働きやすい環境をつくり、全ての社員がその能力を十分に発揮できるような職場づくりを目指してはいかがでしょうか。

お客様マイページへログインすることで、自席のパソコンで働き方改革に関するeラーニングを無料で受講することができます。働き方改革を進めるうえで必要な知識の習得や社員教育にご活用ください。

働き方改革 eラーニング【受講無料】

「働き方改革」のセミナーに参加する

テレワーク推進の第一人者に学ぶ

働き方改革を進めるにあたって不可欠な「テレワーク」。働き方改革の悩みを解決する考え方やノウハウなどをテレワーク推進の第一人者として知られる「田澤 由利」氏にご紹介いただきます。

株式会社テレワークマネジメント
代表取締役 田澤 由利(たざわ ゆり)氏

テレワークが解決する「働き方改革6つの悩み」

大塚商会の関連サイトを見る

大塚商会がご提案する働き方改革の各ITソリューションをまとめてご紹介します。

ITで働き方改革(特設サイト)

基幹アプリケーションを利用して、新たな働き方創造と生産性向上を実現します。

ERPナビ(働き方改革)

さまざまな提案資料、比較表、メーカーからの特別提供資料やセミナー配布資料などが無料で入手できます。

即効!ITライブラリー

関連製品を無料でお試し

たよれーる どこでもワークプレイス

出先のモバイル端末から、社内のファイルサーバーなどへリモートアクセスし、外からどこでもお仕事できる環境をご用意します。外部端末側にはデータを残さないため高いセキュリティで利用できます。

LINE WORKS

国内6,800万人以上が利用するLINEの使いやすさと便利さはそのままに、企業でも安心して使える管理機能とセキュリティを備えたクラウドサービスです。

RemoteView(リモートビュー)

インターネットに接続できる環境があれば利用できる安価な企業向けリモートアクセスサービス。外出先から社内のPCに接続してファイルやシステムを操作することができます。

たよれーる どこでもキャビネット

大容量データの受け渡しを安全にできるサービス。社内や得意先とのファイル共有、プレゼン資料などを外出先に持ち出すときに便利なサービスです。

製品のお試しに関しての詳細は下記よりご覧ください。

身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215 (平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00161473

ナビゲーションメニュー