身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

働き方改革で残業抑制

照明制御から始める残業削減の方法

ビジネスには残業が必要な場合もありますが、「なんとなく帰れない雰囲気」が無駄な残業の要因になっていませんか?そんなときは照明の一斉消灯で「帰るきっかけ」づくりを始めましょう。

残業抑制の働き方改革について動画でご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:2分26秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

<社員>
部長が「働き方改革を始めるぞ!」と仰っていましたけど、具体的には何をすればいいのですか?

<課長>
働き方改革でよく言われるのは、長くなりがちな「労働時間」を削減しようということだな。

<社員>
早く帰りたいですね。残業削減するためには、どんなことが必要ですか?

<課長>
リアルタイムに勤務状況をしっかり把握することかな。月末締めてみたら残業がすごかった、では改善もできないからな。

<社員>
へぇ~!でも勤怠システムですか…。経費がかかりそうな話ですね。

<課長>
そうでもないみたいだ。以前提案を受けたことがあるが、今はクラウドサービスが充実しているから1人あたりにしたら数百円でできるものもあるんだ。

後は残業代の未払いを防ぐために、PCの電源状況を管理して、勤務データと比較することも提案されてた。

<社員>
勤怠だけ締めて仕事していたらサービス残業になりますね。大手運送会社さんや大手音楽会社さんも大変そうですし…。

<課長>
そういえば、知り合いの会社では帰る雰囲気作りのために「照明の一斉消灯」を始めたって言ってたな。

<社員>
電気消すだけです…よね?

<課長>
そう。電気を消すだけ。ちょっと疑っているだろう?

<課長>
でも、これは官公庁でも実施しているんだが、「帰りづらい」雰囲気を「帰らないと」という雰囲気に変えることができる。

<社員>
それだけで変わるんですね。

<課長>
とある会社さんは一斉消灯で残業時間を8%削減したそうだ。例えば、30人が1日15分残業時間を削減したとしたら、時給2,000円の20日で30万円だ。

<課長>
長時間労働の是正は大事だからな。今は厚生労働省がチェックしていて、ブラック企業に認定されてしまうとWebページに掲載されてしまうからな…。

<社員>
そうなんですか…じゃあ私も労働時間を是正するために、早く帰ります!

<課長>
まだ定時過ぎてないぞ!

「働き方改革」の情報を無料で入手! お勧めのセミナーなど

大塚商会では働き方改革を検討するお客様にさまざまな情報をお届けしています。ぜひご活用ください。

「働き方改革」のセミナーに参加する

テレワーク推進の第一人者に学ぶ

働き方改革を進めるにあたって不可欠な「テレワーク」。働き方改革の悩みを解決する考え方やノウハウなどをテレワーク推進の第一人者として知られる「田澤 由利」氏にご紹介いただきます。

株式会社テレワークマネジメント
代表取締役 田澤 由利(たざわ ゆり)氏

テレワークが解決する「働き方改革6つの悩み」

大塚商会の関連サイトを見る

大塚商会がご提案する働き方改革の各ITソリューションをまとめてご紹介します。

ITで働き方改革(特設サイト)

基幹アプリケーションを利用して、新たな働き方創造と生産性向上を実現します。

ERPナビ(働き方改革)

さまざまな提案資料、比較表、メーカーからの特別提供資料やセミナー配布資料などが無料で入手できます。

即効!ITライブラリー

身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215 (平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00139983