身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

保育園から「発熱連絡」。会議はキャンセル

テレワークで、仕事と子育てを両立

本コラムでは、時間や場所を有効に活用できる働き方「テレワーク」を上手に活用して、「働き方改革」で発生する悩みを解決する方法をご紹介します。

第2回のテーマは、「仕事と子育ての両立」。特に、育児休業から復帰し保育園に子どもを預け始めたパパやママを悩ませるのが、保育園からの「熱があるのですぐにお迎えに来てください」という連絡ではないでしょうか。

保育園からの連絡は、突然やってくる

待機児童の壁を乗り越えやっと赤ちゃんを保育園に預けることができた、とホッとするのもつかの間。保育園に通い始めた幼児は免疫力も低く「これでもか」というぐらい、風邪などの病気をもらってきます。そして朝は元気に保育園に行ったはずの子どもが、昼前後に体温が37度を超えると保育園からの連絡となります。

大変なのは、その連絡が突然やってくることです。パパ・ママどちらかの仕事の融通がきく、あるいは近くの両親が迎えに行ってくれるといいのですが、パパ・ママどちらも業務予定が詰まっているのに、どちらかがお迎えに行くしかないとなると、その後の仕事はキャンセルしなくてはいけません。

仕方がないこととはいえ、本人はもちろん、上司も同僚も、仕事の進行に影響するので、つらいところです。

テレワークで、仕事への影響を最小限に

子どもが突然熱を出すのは、誰(だれ)のせいでもありません。年齢が上がれば、その頻度も少なくなるでしょう。ここは、仕事への影響を最小限にするための「テレワーク」を2人のパターンでみてみましょう。

事務職のAさん(ママ)

保育園で子どもを引き取り、その足で病院に連れて行きました。自宅に戻って薬を飲んだら寝てくれたので、途中だった仕事の続きを在宅勤務で再開。1時間だけですが、集中して作業したおかげで、同僚に迷惑がかからない、キリの良いところまで仕事ができました。

時間労働制のAさん、Webタイムカードで作業時間をつけているので、その1時間はもちろん勤務時間として扱われます。

管理職のCさん(パパ)

15時からの会議は外せないため、保育園からの呼び出しがあった時点で、実家の母にヘルプを依頼。保育園で子どもをピックアップして自宅へ。微熱はあるものの子どもは元気。母が来たら相手をしてもらいます。別の部屋で1時間だけ会議に出席。他の仕事は、夜、ママが戻ってきてから。管理職なので、時間は柔軟に働くことができます。

いつでもテレワーク可能な環境整備がポイント

いかがでしたか? それぞれの働き方と、テレワークを上手に利用して、仕事への影響を最小限にすることができました。

サテライトオフィスでテレワークを行う田澤 由利氏

でも、「テレワーク制度」があればOKかというとそうではありません。「月曜から木曜まで、在宅でできる仕事を切り分けて残しておき、金曜日に在宅勤務をする」という形のテレワークだと、「保育園からの発熱連絡」のような緊急事態には対応できませんね。

仕事に必要な書類(データ)などを、日ごろからクラウド上に置き、仕事仲間とのコミュニケーションもWeb会議でできるようになっていることがポイントです。また、自宅での作業が「サービス在宅勤務」にならないよう、時間管理のためのツール活用も大切ですね。

子育てと仕事の両立は、決して簡単ではありませんが、「テレワーク」を上手に使えば、時間と場所を有効に活用し、まわりへの影響も最小限にして、乗り越えることができるでしょう。

無料で株式会社テレワークマネジメント社提供の資料がダウンロードできます

働き方改革を成功させるテレワークのポイントをご紹介

働き方改革におけるテレワークの考え方や、目指すべきテレワークの形を分かりやすくご紹介!

  • テレワークがもたらす効果が分かる!
  • 目的を達成するために必要なテレワーク導入のステップをご紹介!

資料をダウンロード(無料)

著者紹介

株式会社テレワークマネジメント
代表取締役 田澤 由利(たざわ ゆり)氏

2008年、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」リーダー部門7位に選出。2015年 総務省「平成27年度情報化促進貢献個人等表彰」を受賞。2016年「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」個人賞受賞。内閣府 政策コメンテーター、総務省 地域情報化アドバイザーなど。

テレワークの導入における最大の不安は、やはり「セキュリティ」

ITを活用したテレワークにはいくつもの方法があります。業務面での課題については少しずつ解決できそうだ、と感じる人が多いでしょう。しかし、一方で必ず聞かれるのがセキュリティについての不安です。情報漏えいなどのリスクに対応するための対策をご紹介します。

「テレワーク」を導入するうえで知っておきたいセキュリティ対策はこちら

掲載数60製品以上!オフィスのさまざまな場所を守るセキュリティ対策を無料でご紹介

リモートアクセスやファイル共有、紛失・盗難対策など、テレワークに欠かせないセキュリティ対策を多数ご紹介!

  • 掲載数60製品以上!自社に必要なセキュリティ対策が分かる!
  • お客様の目的・ご予算に合わせた計画を提案します!

資料をダウンロード(無料)

すぐに「働き方改革」の情報を入手したい方へ! 無料資料・セミナーのご紹介

大塚商会では働き方改革を検討するお客様にさまざまな情報をお届けしています。ぜひご活用ください。

「働き方改革」に関する複数の資料を集める

「ITで働き方改革」無料資料ダウンロード

テレワークや残業抑制を実現するソリューション・事例を紹介した資料をご用意しました。ダウンロードしてご活用ください。

  • 多数のソリューションを掲載!
  • 身近なITで実現できるヒントが満載!

資料をダウンロード(無料)

上記以外の資料もあります。「働き方改革」無料資料ダウンロード 一覧を見る

「働き方改革」に関するeラーニングを無料で受講する

働き方改革のeラーニングでは、働き方改革を進めるうえで知っておくべき知識やポイントを簡単に学ぶことができます。社員全員が働きやすい環境をつくり、全ての社員がその能力を十分に発揮できるような職場づくりを目指してはいかがでしょうか。

お客様マイページへログインすることで、自席のパソコンで働き方改革に関するeラーニングを無料で受講することができます。働き方改革を進めるうえで必要な知識の習得や社員教育にご活用ください。

働き方改革 eラーニング【受講無料】

「働き方改革」のセミナーに参加する

大塚商会の関連サイトを見る

大塚商会がご提案する働き方改革の各ITソリューションをまとめてご紹介します。

ITで働き方改革(特設サイト)

基幹アプリケーションを利用して、新たな働き方創造と生産性向上を実現します。

ERPナビ(働き方改革)

さまざまな提案資料、比較表、メーカーからの特別提供資料やセミナー配布資料などが無料で入手できます。

即効!ITライブラリー

身近なITで始める「働き方改革」をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215 (平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00149810

ナビゲーションメニュー