2007年問題

読み方 : にせんななねんもんだい

2007年問題とは

1947~49年生まれの「団塊世代」が企業から大量に退職することで発生する問題の総称。2007年ごろから始まったので、この名称が付いた。当初はIT分野に限って使われていたが、最近はより一般的な用語として広まりつつある。

団塊世代は日本の総人口に占める割合が多く(約700万~800万人)、日本の情報化における黎明期を担ってきた人材が多い。大企業でコンピュータ導入が本格化した60年代後半から70年代に、団塊世代の社員が第一線で基幹システムの導入を担った。その多くは、以後もシステムの刷新や拡張に携わってきた。その引退は、既存システムの中身をブラックボックス化し、トラブル時の収束や、システムの改修・再構築を困難にする。

さらに企業全体のスキルバランスが崩れ、スキルを持つベテランが引退の時期を迎える一方で、若手が育っていないといった状況を招く。システムの全体計画やプロジェクトの指揮など、総まとめ役を団塊世代が継続して担ってきたためだ。

IT組織における、体系的な人材育成策の不在、システムの安定稼働を特定の担当者に依存していることなどが、2007年問題の本質である。これをきっかけにスキル継承やドキュメントの整備方法を見直す企業も徐々に増えている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介