3G

読み方 : すりーじー

英語正式表記 : 3rd Generation

3Gとは

3Gは「3rd Generation」の略で、最大通信速度や採用技術を基にした、携帯電話やその通信規格の分類である。日本語で「第3世代」と呼ばれることもある。

携帯電話に対する「○G」「第○世代」という呼び方は、通信事業者やメーカーなどが決めたオフィシャルなものではない。携帯電話に関係する技術者や、マーケティング担当者などの間で使われる「通称」だ。実際、同じ通信規格を、国によって異なる世代として扱うことがある。

ただし、例外的に3Gには広くコンセンサスを得ている基準がある。ITU(国際電気通信連合)が国際標準として定めたIMT-2000に準拠する通信規格や、それを採用した携帯電話が3Gと呼ばれるのだ。

現在、日本で広く普及している通信規格W-CDMA(Wideband CDMA)やCDMA2000を採用した携帯電話が3Gにあてはまる。通信事業者の関係者からは、「そもそも第○世代という呼び方はIMT-2000標準化の過程で出てきた。第1世代や第2世代は、第3世代ができた後で過去の通信規格にさかのぼって付けられた呼び方ではないか」という指摘がある。

現在、一般に第1世代(1G)と呼ばれるのはアナログ方式の携帯電話だ。これは、今となっては使われていない。第2世代(2G)からはデジタル方式で、国内ではPDC、海外ではGSM(Global System for Mobile communications)という通信規格が一般的である。

3GにはW-CDMAやCDMA2000とその拡張規格、さらにWiMAX(Worldwide interoperability for Microwave Access)、LTE(Long Term Evolution)などが含まれる。

W-CDMAのデータ通信を拡張したHSDPA/HSUPA、CDMA2000を拡張したCDMA2000 1xEV-DO Rev.Aなどは、3Gの技術をベースにさらなる高速化を目指す通信規格として「3.5G」と呼ばれることもある。また、LTEは次世代の第4世代(4G)と同じ要素技術を使っているため、限りなく4Gに近い通信規格として「3.9G」と呼ばれる。こうした小数点以下の数字を使った呼び方は日本では一般的だが、海外ではあまり使われていないようだ。

ちなみに、4Gは一般にITUの定めた国際標準「IMT-Advanced」への採用を目指す通信規格のこと。LTEの技術をベースに下り最大通信速度1Gビット/秒を目標にしたLTE-Advancedや、WiMAXの後継であるIEEE 802.16mなどが含まれる。

ただし、最近では欧米の通信事業者を中心に、LTEも4Gに含めるケースが出てきた。例えばLTEの商用サービスを世界で初めて北欧で開始したテリアソネラは、自社のWebサイトでLTEを4Gとして紹介している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年11月15日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内