A/Bテスト

読み方 : えーびーてすと

A/Bテストとは

異なるパターンのWebページを複数用意し、ユーザーに利用してもらうことで活用度の違いを調べるテストのこと。Webサイトを運営しながら細かく改善し、閲覧率向上などの成果を出せる。

「Webサイトにアクセスした顧客の購買単価を高めるには、どのような文言を書いた商品購入ボタンを配置すれば良いものだろうか」。Webサイトの改善に取り組む現場では、開発者がこのような悩みに直面することが少なくない。

このような場面で広く適用されている手法が、A/Bテストである。WebページをAパターンとBパターンの2つを事前に用意し、ユーザーに実際に使ってもらい効果を調べる調査手法のことだ。パターン数が3つ以上でもA/Bテストと呼ばれる。

背景:米大統領選挙で注目集まる

A/Bテストへの注目度が高まったのは2008年の米大統領選挙だ。バラク・オバマ陣営が選挙期間中、選挙用のWebサイトのコンテンツを改善する際にA/Bテストを適用。その結果、1億ドル以上の寄付金を追加で集めることに成功した。

オバマ陣営はユーザー登録画面に表示させるボタンの文言を決める際にA/Bテストを活用。このケースの課題は、「サインアップする」「もっと知る」「すぐに参加する」「すぐにサインアップする」の4パターンのうち、どれにするとより多くのユーザーが登録し、実際に寄付してくれるかというものだった。

このA/Bテストでは、ボタンの配置はそのままにして、ボタンの文言だけを変えたページを4パターン用意。アクセスしてきたユーザーに対していずれか1つを表示し、ユーザーの動きを調べた。その結果、登録や寄付の件数が最も多かったのが、「もっと知る」だった。それ以降、この文言に統一して、登録者数を伸ばした。

動向:テスト支援サービスが充実

A/Bテストが普及する前は、Webサイト利用者に対して、すべてのパターンを提示し、どれが一番良いかを選んでもらうアンケート調査が一般的だった。これだと「個人的にはAパターンが良いが、無難なBパターンにしよう」と調査を受ける側の意図が働くなどして、必ずしも効果的な検証結果が得られないリスクがある。

A/Bテストでは、ユーザーに示すパターンは1つだけで、テストをしていることも事前に伝えない。「本番環境さながらで、利用者の行動を分析できる」とネット開発の動向に詳しい、エクサの安藤幸央コンサルティング推進部担当課長は説明する。

A/Bテストの支援サービスも充実してきた。オバマ陣営でA/Bテストを指揮したエンジニアが設立した米オプティマイザリは、日本語版のA/Bテスト支援サービスを提供している。米グーグルが手がけるWebの解析サービス「Google Analytics」でも、見出しやページレイアウトなどについてA/Bテストを実施できる。

ただしA/Bテストには、「結果がなぜそうなったかを解明できない」「ユーザーに驚きを与えるサービスは生み出せない」などの“弱点”も指摘されている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年10月27日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介