アクセスサーバー

読み方 : あくせすさーばー

アクセスサーバーとは

クライアント側のコンピューターと遠隔地のコンピューターを中継するサーバーのこと。「RAS(Remote Access Server)」ともいう。遠隔地のコンピューターから電話回線やISDNを介してLANに接続するため、LAN側に設置される。安全なリソースからのアクセスを保持するためのゲートウェイでもある。

アクセスサーバーには、ダイヤルアップ接続のためのWANインターフェースと、LANインターフェースが搭載されている。そのため、ユーザーの認証やIPアドレスの発行などの機能の組み合わせにより、遠隔地のコンピューターとLANの間でデータを中継できる。

アクセスサーバーを利用すると、あたかもネットワークに直接つながっているかのように、外出先などからファイルサーバーや共有プリンターなどにアクセスできるようになる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介