アジャイル開発手法

読み方 : あじゃいるかいはつしゅほう

アジャイル開発手法とは

ユーザー(顧客)に価値をもたらし、かつ動作が保証されたソフトウエアを短期間で実現することを狙ったソフト開発手法の総称。正確には「アジャイルソフトウエア開発手法」と呼ぶ。エクストリームプログラミング(XP)やスクラム(Scrum)、FDD(Feature-Driven Development:ユーザー機能駆動開発)、ASD(Adaptive Software Development:適応型ソフトウエア開発)、クリスタル(Crystal)などが含まれる。

アジャイル開発手法はソフト開発方法論の一種だが、従来の方法論にはない大胆さを備える。まず原則として、事前にプロジェクトの詳細な計画(マスタープラン)は作らない。開発手順や成果物、ドキュメントなども細かく定義しない。「そもそもソフト開発は予測できるものではない」という立場をとるからだ。

その代わりに、ごく短い周期で「計画開発検証」を繰り返す。2週間あるいは1カ月といった期間で動作可能なソフトをいったん作り上げる。それを検証して次の期間での行動計画を決める。そして前の期間で作成したソフトを“成長”させる、という作業を繰り返していく。各期間ごとに加えて、ほぼ毎日作業を確認し、必要があれば見直すので、急な仕様変更や要求を即座に開発中のソフトに反映できる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内