Ajax

読み方 : えいじゃっくす

英語正式表記 : Asynchronous JavaScript + XML

Ajaxとは

Asynchronous JavaScript + XMLの略。対話型Webアプリケーションのプログラミング手法の一つ。JavaScriptのHTTP通信機能を利用して、WebブラウザとWebサーバーをユーザーの操作と非同期に通信させ、あらかじめWebページのデータを取得しておく。これにより、Webページ全体をロードすることなく、表示内容を動的に変更できる。

Ajaxで実装したWebアプリケーションが注目されるきっかけになったのは、米グーグルのオンライン地図サービス「Google Maps」。ブラウザ上に表示された地図をマウスでドラッグして上下左右に動かすと、マウスの動きに合わせて地図がスムーズにスクロールする。Webサーバーと非同期に通信するJavaScriptの機能を利用して、表示範囲外の地図データをWebサーバーからあらかじめ取得しておき、表示内容を動的に切り替える。従来の同様なオンライン地図サービスでは、地図の表示範囲を少しずらすだけでも地図全体の再描画が起こり,表示が完了するまで待たされていた。

Ajaxに必要なのはJavaScriptやXMLなど、インターネットの標準技術だけ。ブラウザにプラグインを追加する必要がなく、Windows、Macintosh、Linuxといった幅広いクライアント環境で利用できる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介