アナリティクス3.0

読み方 : あなりてぃくすさんてんぜろ

英語正式表記 : Analytics 3.0

アナリティクス3.0とは

企業の従来型データとインターネット上のビッグデータに加え、機器や設備などに取り付けられたセンサーから転送されるデータなど、あらゆるデータを取り込み、経営戦略、製品やサービス開発、コスト削減に役立てるという概念。『分析力を武器とする企業』(2007年)の著者であり、データ経営の第一人者であるトーマス・ダベンポート氏が提唱した。

ダベンポート氏は、1950年代から2005年ごろまでを「アナリティクス1.0」、2000年代初めから現在までを「アナリティクス2.0」、そして今起こりつつあるのが「アナリティクス3.0」の時代としている。データ分析には、過去の出来事について説明する「記述型分析」、過去のデータから将来を予測する「予測型分析」、最も望ましい行動を特定する「指示型分析」があり、アナリティクス3.0は3番目の指示型分析の段階、つまりシステム自身が判断を下し、現場へ指示を行う段階としている。

ダベンポート氏は、2014年に日本で開催された講演で「日本でアナリティクス3.0を実現するには、階層的な組織構造の打破、リーダー主導によるアナリティクスの推進、迅速な組織変革の実現、積極的にリスクを取る姿勢が必要になる」と指摘している。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 1月21日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00156932