BaaS

読み方 : ばーす

英語正式表記 : Backend as a Service

BaaSとは

Backend as a Serviceの略。「バース」と読む。スマートフォンやタブレットなどのモバイルシステムのバックエンド機能をアプリケーションサーバーが代行するクラウドサービス。MBaaS(エムバース)はBaaSに「Mobile」の頭文字を付けただけであるため、MBaaSとBaaSは基本的に同じ意味である。

BaaSは、モバイル端末にダウンロードしたソフトウェアを呼び出せば利用できるので、サーバーを保有したり、運用管理したりせずに、スピーディにサービスを構築できる。ソフトウェアを開発するコストと手間を省き、開発期間を大幅に短縮できる。

ユーザーの登録・管理・認証、データ・コンテンツの管理、プッシュ通知、課金・決済のほか、GPS(全地球測位システム)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との連携も行う。

クラウドサービスは、サーバーやネットワークなどのITインフラを提供する「IaaS(Infrastructure as a Service)」、システムのプラットフォームを加えた「PaaS(Platform as a Service)」、PaaSを使ってメールやCRM(顧客情報管理)などを提供する「SaaS(Software as a Service)」に分かれる。BaaSは、モバイル端末で動くクライアントソフトと、データをやりとりするサーバーソフトで構成されているので、SaaSに近いPaaSになる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152446