バランススコアカード

読み方 : ばらんすすこあかーど

バランススコアカードとは

企業の業績や経営内容を多面的に評価する手法のこと。売り上げや利益といった財務的な指標だけでなく、社内の業務プロセスや人材育成の改善度、取引先や顧客の満足度などを加味して、総合的に評価指標を算出することが特徴である。具体的には、財務の視点(利益やキャッシュフローなど)、顧客の視点(既存顧客の満足度や新規顧客の獲得率など)、内部プロセスの視点(品質や製造効率など)、学習と成長の視点(資格の取得率やスキルの向上度合いなど)という四つの基本評価指標を用いる。米ハーバード・ビジネススクールのロバート・S・カプラン教授と経営コンサルタントのデビット・P・ノートン氏が1992年に提唱した。

財務指標だけに着目して企業の業績を評価すると、視野が短期的になりやすい。現時点の売り上げや利益にとらわれ、品質管理がおろそかになったり、顧客満足度や社員の士気が下がりかねない。そこでバランススコアカードでは、各種の指標をバランスよく取り入れ、中長期的な経営戦略の立案・運営につなげる。

最近はバランススコアカードを社員の人事評価に利用する企業が増えてきた。バランススコアカードの手法を利用して全社的な経営目標や戦略を社員一人ひとりの目標値に落とし込み、達成度を報酬と連動させる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内