BAM

読み方 : ばむ

英語正式表記 : Business Activity Monitoring

BAMとは

Business Activity Monitoringの略。あらかじめ定めた業務プロセスに沿って、作業が正しく遂行されているかどうかをリアルタイムに監視すること。業務の責任者や経営層が問題を迅速に把握できるようにして、意思決定のスピード向上や、業務プロセスの改善を図る。2001年に調査会社の米ガートナーが提唱した。

BAMでは業務システムで処理を進める際に、「各処理にどれだけ時間を要したか」、「目標時間に遅れていないか」などをリアルタイムで調べる。販売管理システムなら「在庫確認は順調に進んでいるか」などをウオッチする。リアルタイムの監視や状況の表示、アラート(警告)の表示といったBAM向けのミドルウエア製品が、2004年後半から相次ぎ登場している。

これらの製品を使う際はまずBPM(ビジネス・プロセス・モデリング)機能を使って、業務プロセスをモデル化する。次に、その結果をワークフローエンジン(実行ソフト)に実装する。BAM用ミドルウエアはこのワークフロー処理やその上で動くアプリケーションの状況を監視し、アプリケーションから処理を「開始した」あるいは「終了した」といったイベントに関する情報を取得する。その情報を、あらかじめ設定したルールと照らし合わせて、正常か異常かを判定する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]