ブロックチェーン(blockchain)

読み方 : ぶろっくちぇーん

英語正式表記 : Blockchain

ブロックチェーン(blockchain)とは

コンピュータのトランザクションを分散管理するための技術。仮想通貨「ビットコイン」を支える基盤技術として考案された。米ナスダックが自社サービスの基盤に導入するなど、金融機関を中心に注目されている。

ブロックチェーンは「口座Aから口座Bに1万円を送金」といった金融サービスで発生する様々な取引情報(トランザクション)を、ネットワークでつながる多くのコンピュータで分散管理する技術だ。特徴は2つある。

1つは全ての取引情報をネットワークでつながった全てのコンピュータで共有していること。新たな取引情報が発生すると、そのたびに全てのコンピュータで取引情報を更新する。そのため、あるコンピュータで障害が発生して取引情報が消えたとしても、それ以外のコンピュータに全く同じ取引情報が残っているので、金融サービスを継続して提供できる。

仕組み:ブロックで数珠つなぎに保管

もう1つの特徴は取引情報を分散管理する仕組みが、非常に改ざんされにくくなっていることだ。これが、堅牢であるブロックチェーンという名の由来にもなっている。以下で詳しく見てみよう。

ブロックチェーンでは、取引情報を1件ずつ記録するのではなく、ある程度の件数をまとめて記録する。このまとまりの単位を「ブロック」と呼ぶ。例えば、取引情報100件ごとに1つのブロックにまとめるとすれば、101件目の取引情報は次のブロックにまとめられることになる。

ブロックには、取引情報とは別に「ヘッダー」と呼ぶ情報が先頭に付加される。ヘッダーには「ブロックにまとめられた全ての取引情報のハッシュ値」と、「直前のブロックのヘッダーのハッシュ値」が記録される。このように「今」と「直前」という2つのブロックの情報を記録しておくことで、ヘッダーが全てのブロックを1本の「チェーン」で数珠つなぎにする役割を果たしているのである。

このヘッダーがデータの改ざんを困難にしている。例えば、取引情報の1件を改ざんすると、ブロックのヘッダーが変わるため、ヘッダーの改ざんが必要だ。ヘッダーを改ざんすると、今度は次のブロックのヘッダーが変わるので、次のブロックのヘッダーも改ざんしなければならない。次のブロックのヘッダーを改ざんすると、2つ先のブロックのヘッダーも変わって…という具合に、後に続く全てのブロックの改ざんが必要で、時間も手間もかかってしまうのだ。

動向:金融機関が実用化に動く

ブロックチェーンを使えば、金融機関が求める信頼性と堅牢性を持つシステムを低コストに構築できる。いち早く導入した米ナスダックは、未公開株式の管理に活用している。ベンチャー企業の米R3は金融サービス向けの技術検証や標準化などを検討する業界団体を設立した。英バークレイズ銀行や米シティグループ、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といった世界的な大手金融機関が参加している。

金融サービス以外の用途を模索する動きも出ている。ライセンスや証明書、契約書、認証情報といった信頼性の担保が不可欠な情報管理で今後は活用されそうだ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2016年12月28日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介