BPMツール

読み方 : びーぴーえむつーる

BPMツールとは

Business Process Managementの略。「ビジネスプロセス管理」とも呼ばれている。各業務のスタート地点から終了地点までを工程に分解し、それぞれの工程で何をするのかを定めることを指す。BPMツールは「BPMS(BPM Software/BPM Suite)」とも呼ばれており、ビジネスプロセスを管理することで各プロセスの業務の可視化や改善の支援を目的としている。

BPMツールには以下の3つの機能がある。
(1)モデリング機能
業務プロセスを可視化し、設計する機能。
(2)シミュレーション機能
設計したプロセスがどのように動作するか予測する機能
(3)モニタリング機能
プロセスの実行状況を監視する機能

モデリング、シミュレーション、モニタリングの3つのサイクルを繰り返すことで、導入されたプロセスが期待通りに機能しているかどうかを常に監視し、継続的に業務の改善・最適化を行うことができるようにするのがBPMツールの目的である。消費者ニーズの多様化にともない、「業務プロセスの効率化」が多くの企業の課題となっている昨今、ビジネス上の仕組みを最適化するBPMツールに対するニーズはますます高くなるものと予測されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152362