BPOリショアリング

読み方 : びじねす・ぷろせす・あうとそーしんぐりしょありんぐ

BPOリショアリングとは

IT(情報技術)システムの構築から給与計算まで、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)といえば、インドが世界の主役である。インドは数学や英語に優れた人材が多く、米国企業はBPOのインド移管を進め、そのなかからインフォシスやタタコンサルタンシーサービシズなど大手BPO会社が成長している。

ところが最近、その動きに急激な変化が見られる。BPOを米国内に戻す企業が増えているのである。国内回帰を巡っては、米アップルなど製造業が生産拠点を中国から米国に移す動きもある。これをリショアリング(再接岸)という。

実はBPOリショアリングも同時に進んでいる。インフォシスやタタも、それぞれ米国での新規雇用や拠点開設を打ち出している。

BPOリショアリングの背景には幾つかの要因がある。まずは製造業の生産回帰。中国の政治的リスクやコスト増に伴い工場が米国に戻ることで、BPO拠点もアジアだけではなく、米国に置きたいという判断が増えてきている。

雇用面の影響もある。米国企業からBPOを受注するインド企業は必要に応じて、米国の拠点にインド人の社員を派遣していた。ただ、最近はビザがなかなか下りない傾向にあるようである。そこで米国人の採用を増やしている。この面からもリショアリングが進んでいる。

研究開発の強化も見逃せない。環境エネルギー事業の拡大で、米大手企業は研究者を増やしている。その際、ITシステム開発などのBPOは意思疎通を円滑にするため、研究施設の近くに置いている。BPO大国は米国という時代も近いかも知れない。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 1月 9日 公開]