BPR

読み方 : びーぴーあーる

英語正式表記 : Business Process Reengineering

BPRとは

Business Process Reengineeringの略。日本語では業務改革と訳すことが多い。米国では、1990年代に入ったころから提唱されるようになった。端的に言えば、収益や顧客満足度の向上を目的にして、業務内容や業務の流れ(ビジネスプロセス)を見直すことである。BPRの対象は全社あるいは、連結対象となる企業集団全体に及ぶ。そのため、BPRを実施すると、組織の改編や自社で手がける事業分野の再編などが起こることになる。いわゆる、リストラクチャリングを伴うこともある。

BPRの実施は、中長期的なビジネス戦略の策定、そのために最適な組織や事業形態の設定、現状の変革という順序で進むことが多い。BPRを実施すれば、ビジネスプロセスが大きく変わることが珍しくない。

ITは、ビジネスプロセスを迅速に変更するために有効なツールとみなされている。典型的な例としては、ERPパッケージ(統合基幹業務システム)を全面的に導入して、ビジネスプロセスを同時に変える方法や、BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)ツールを活用してビジネスプロセスを可視化し、プロセスの把握を支援する方法などがある。日本では、90年代後半にBPRと連動した形でERPパッケージの導入が広がった。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介