ブリッジSE

読み方 : ぶりっじえすいー

英語正式表記 : Bridge SE

ブリッジSEとは

Bridge SE(「BrSE」ということもある)。システムやソフトウェア開発を人件費の安い国の企業や事業所に発注する「オフショア開発(offshore development)」において、受注側チーム内で日本側との橋渡し(ブリッジ)役を務める、日本語が堪能な現地人の「システムエンジニア(SE)」のことをいう。日本側の担当者や、日本に駐在する現地側担当者のことを指す場合もある。

ソフトウェア、Webシステム、スマホアプリ、Facebookアプリ、ソーシャルゲームの開発から運用保守管理までをアウトソースするオフショア開発では、現地とのコミュニケーション問題が原因で失敗するケースも多い。そこで、業務を円滑に進行させるために必要とされるようになったのがブリッジSEだ。ブリッジSEは、ITの技術力、マネジメント能力、言語力、コミュニケーション能力、文化・習慣の理解力を駆使しつつ、開発パートナーの指導、教育、管理に携わる。

また、ITと異分野・異業界との架け橋となる人材のこともブリッジSEと呼ぶ。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152471