ビジネス・リレーションシップ・マネジメント

読み方 : びじねすりれーしょんしっぷまねじめんと

英語正式表記 : Business Relationship Management

ビジネス・リレーションシップ・マネジメントとは

企業のIT部門が情報システム部門との協働関係を緊密化し、IT投資によって経営基盤の強化を実現する管理手法のこと。Business Relationship Managementの頭文字を取って「BRM」と略されることもある。

キーワードは「PDCAサイクル(plan-do-check-act cycle)」のフロー。
Plan:IT部門が情報システム部門と密接な信頼関係を築き、最適なIT事業計画を策定する
Do:情報を共有し、長期的な実行体制を構築する
Check:協議を重ねてIT事業計画を評価する
Act:評価を重ねて改善・実践する

このサイクルを円滑に回せば、ITシステムの構築・管理、データ利活用が潤沢に進展するため、経営体質や企業競争力の強化につながる。

ITサービスの国際規格「ISO 20000」はBRMの管理対象として、「提供しているITサービスの振り返り」「サービスに関する苦情管理」「満足度管理」「中長期計画の策定支援」「ビジネス企画段階でのIT活用提案」などの手順を文書化している。ITによる事業貢献を果たすBRMの導入は付加価値が大きい。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152298