ブロードキャストドメイン

読み方 : ぶろーどきゃすとどめいん

ブロードキャストドメインとは

ブロードキャスト(一斉同報通信)できるネットワーク範囲のこと。ホスト同士がルーターを使わずに通信できる範囲、または「ARP(アドレス解決プロトコル)」要求が届く範囲ともいえる。

スイッチやブリッジにはブロードキャストドメインを分割する機能はないので、ブロードキャストを流さないようにするにはルーターが必要となる。ブロードキャストが多発するとネットワークの負荷が増大するため、ルーターの適切な配置により調整するのが一般的である。

ただし、スイッチでも「レイヤー2スイッチ(LANスイッチ)」や「レイヤー3スイッチ」が持つ、「VLAN(仮想LAN)」機能を使うとネットワークの物理的な構成にとらわれず、ブロードキャストドメインを論理的に区切ることが可能だ。
一般的に「Ethernet」におけるネットワークとは、このブロードキャストドメインのことを指す。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152301