ブラウザ

読み方 : ぶらうざ

ブラウザとは

コンピュータに格納した複数のデータやファイルを整理して画面に表示し、そこからユーザーが必要な情報を選択できるようにするソフトウエアの総称。「閲覧ソフト」と訳されることもある。

GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)を採用した「グラフィカルブラウザ」が主流で、アイコンやツリー(木)構造で利用可能な情報群を表示し、希望する情報をマウスのクリックにより選択できるなど、直感的な操作ができる。

現在ブラウザと呼ばれているソフトは、主にWebサーバー上のデータを画面に表示するWebブラウザを指す。画面に表示されたアイコンや単語をマウスでクリックすると、関係づけられた他のデータを表示する。マイクロソフトの「Internet Explorer(IE)」やオープンソース開発プロジェクト「Mozilla.org」で開発された「Firefox」が代表的な製品。SSL(Secure Sockets Layer)という暗号化プロトコルを使って通信データを保護する機能も備える。

パソコンだけでなく、携帯電話やPDA(個人向け携帯情報端末)などもWebブラウザを搭載している。パソコンで見るのと同じ画面を表示できる、「フルブラウザ」を備えた携帯電話やPDAも登場している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介