バグ

読み方 : ばぐ

英語正式表記 : Bug

バグとは

バグ(Bug)は「悪さをする虫」の意味。本来はソフトウェアの不具合(エラー)のことを指すが、現在ではエラーだけでなく、プログラムが作成者の意図した動きと違う動作をする原因を総称して「バグ」という。

不具合が表面化せず、プログラムの中に潜んでいるものを「潜在バグ」、仕様書の内容に矛盾や間違いがあるものを「仕様書のバグ」という。バグには、プログラマーが「自分のせいではない」というような責任回避のニュアンスがあるため、「構造化プログラミング」の提唱者である計算機科学者のダイクストラは、プログラマーの自覚を喚起するために、「バグではなく、エラーと呼べ」と主張している。

プログラムや仕様書のバグを取り除くためには、プログラムのバグを取り除く単体テスト、「デバッグ(debug)」(害虫駆除)が不可欠である。たった1つのバグが原因で企業の基幹系システムが停止する事態も招くこともあるので、デバッグの果たす役割は大きい。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスに役立つ多彩なコースを全て無料でご利用いただけます。

ビジネスマナーやセキュリティ、働き方改革のヒントなど多彩なコースをご用意しています。
全10コース50種のレッスンをご提供中。

ページID:00152280

ナビゲーションメニュー