ビジネスイベントマネジメント

読み方 : びじねすいべんとまねじめんと

ビジネスイベントマネジメントとは

ビジネスに関するさまざまな変化をデータから捉え、アクションにつなげる管理手法のこと。「BEM」とも略され、「ビジネスイベント管理」とも呼ばれる。

ビジネス上対応すべきアクションや作業が必要になった状態を「イベント」と捉え、それぞれのイベントに対して最適なアクションが実行できるようにする。その流れは以下のようになる。
(1)イベントの起動、検知
機器の異常、在庫の不足、生産遅延など、ビジネス上対応すべきアクションや作業が必要になった状態を検知し通知する。
(2)アクションの実施
イベント発生時にどんなアクション(作業の項目)を行うのか、対応の順番はどうするのかを指示する。
(3)アクションのナレッジ活用
作業ノウハウの蓄積と活用、問題多発箇所の把握と改善をする。

イベントを踏まえて処理する手法は1990年代からあったが、用途が限られていた。ところが2008年以降、「このイベントが起こったら、こう対応する」といった流れを業務部門にいるビジネスパーソンでも簡単に設定できる管理ソフトが登場したことで、ビジネス一般への適用が欧米を中心に始まった。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介