ビジネス・リレーションシップ・マネジメント

読み方 : びじねす・りれーしょんしっぷ・まねじめんと

ビジネス・リレーションシップ・マネジメントとは

企業のIT部門が、情報システムを利活用する事業部門との関係を強固にするための管理手法。これを導入すれば、経営強化に貢献するITシステムの構築や管理がしやすくなる。

アベノミクスで企業の設備投資の拡大が期待されている。IT投資も例外ではない。IT投資といってもビッグデータ分析、クラウドサービス、インメモリー・コンピューティング、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と様々だ。「どの業務にどのようなITを適用しようか」と、頭を悩ます事業部門の責任者は少なくないことだろう。

そんな事業部門の悩みを解消するためには、IT部門が事業部門とこれまで以上に密接な関係を築き、議論を重ねて施策を考案し、実行に移さなければならない。事業計画の策定段階から、事業部門とIT部門が情報を共有し、計画を実現するために最適なIT施策について協議、実践することが理想的である。

狙い:ビジネスに役立つITを提案

こうした理想を実現するために注目されているのが、ビジネス・リレーションシップ・マネジメント(BRM)だ。IT部門が事業部門と密接な関係を築き、ビジネスに貢献する情報化を進めるのに有効な管理手法である。「BRMの活用で、今まで以上に事業に貢献する情報システムの構築やデータ利活用が進み、競争力を高められる」。ガートナージャパンの松原榮一・リサーチ部門バイスプレジデントはこう指摘する。

聞き慣れないかもしれないが、BRMという言葉が登場したのは、2000年半ば。このころ策定された、ITサービスの国際規格「ISO 20000」などに、BRMの考え方が盛り込まれ、管理対象となるプロセスごとに手順や実践すべき事柄が文書化されている。

ISO 20000で定義されているが、BRMが管理対象としている具体的なプロセスには、「提供しているITサービスの振り返り」「サービスに関する苦情管理」「満足度管理」がある。現在は管理対象が広がり、「中長期計画の策定支援」や「ビジネス企画段階でのIT活用提案」といった、よりビジネスに近い上流工程のプロセスが含まれるようになった。

2000年半ばに登場して以降、あまり大きな話題にはならなかった。ところが2013年1月、「国内綜合飲料会社」として発足したキリンの情報戦略部門がBRMを導入した。キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンの3事業会社を支援し、事業計画に最適なIT施策を練っている。

動向:関心寄せる企業が増加

「BRMに興味を持つ企業のIT部門はここ最近、増えている」と野村総合研究所の川浪宏之ITマネジメントコンサルティング部長は明かす。ITで事業を革新してほしいという経営層からIT部門に対するプレッシャーが強くなっていることが、BRMへの関心を高めている。企業のIT部門は、システムを高品質で開発・運用するだけでは高い評価が得られにくくなっている。ITによる事業貢献を果たすためにも、BRMの導入は検討する価値があるだろう。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 8月 7日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介