Cassandra

読み方 : かさんどら

英語正式表記 : Cassandra

Cassandraとは

key-valueストア型のデータベース管理ソフトである。米Facebook社が自社のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のインフラとし開発したもので、2008年にオープンソースとして公開された。データを複数のノードで分散管理する仕組みを実装している。大量データを安価で高速に処理したいと考える企業が採用し始めている。既に、ミニブログサービスを提供する米Twitter社、ソーシャルニュースサイトを運営する米Digg社や米Redditなどが自社サービスのインフラとして導入済みだ。

一般的なkey-valueストアは1個のkeyに対して1個の値(value)を紐付けて管理しているが、Cassandraはkeyの部分を階層化して管理することができる。Cassandraのkeyは、「キースペース」、「カラムファミリー」、「キー」、「カラム」の4階層で構成している。「キー」と「カラム」の間に「スーパーカラム」と呼ぶkeyを挿入して、最大5階層で管理することも可能である。このように、4階層または5階層のkeyに対して1個のvalueが紐付けているわけだ。

keyが階層化構造になっているため、リレーショナル・データベース(RDB)と同じようにデータを扱うことが可能である。RDBでは、1個のデータベースに対して複数のテーブルを作成している。個々のテーブルには必ず1個の主キーを設定する。主キーには複数のフィールドを紐付け、フィールドごとに値(value)を管理する構造だ。RDBのデータ構造はそのままCassandraのデータ構造に置き換えることができる。RDBのデータベースはCassandraのキースペースに相当する。同じように、テーブルはカラムファミリー、主キーはキー、フィールドはカラムとなる。カラムごとに値(value)を管理している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 5月31日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内