CDN

読み方 : しーでぃーえぬ

英語正式表記 : Content Delivery Network

CDNとは

CDNはContent Delivery Networkの略で、「コンテンツ配信ネットワーク」の意味。インターネット上にキャッシュサーバーを分散配置し、エンドユーザーに最も近い経路にあるキャッシュサーバーから画像や動画などのWebコンテンツを配信する仕組みのこと。CDNサービスは、CDNの仕組みを利用して、企業向けに画像や動画を多用するWebサイトの配信を代行するサービスを指す。

CDNサービスの事業者は、キャッシュサーバーをインターネットのIX(相互接続点)に近い位置や、大手プロバイダーのネットワーク内などに配置するので、企業のWebサーバーと自動的に同期できる。

DNS設定をすれば、オリジナルのWebサーバーへのアクセスがCDN事業者のキャッシュサーバーへ振り分けられるため、キャッシュサーバーがオリジナルのWebサーバーに代わってコンテンツを配信する。また、Webサーバーへのアクセスを代理するため、アクセスが集中する場合でもWebサイトの負荷を軽減できる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月30日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152231