チャネルボンディング

読み方 : ちゃねるぼんでぃんぐ

英語正式表記 : Channel Bonding

チャネルボンディングとは

IEEE 802.11n(以下、11n)から利用できるようになった、無線LANの通信速度を高速化する技術。「マルチチャネル」と呼ぶこともある。

無線LANは、通信に利用できる周波数帯を「チャネル」という単位で区切って使う。無線LANアクセスポイントはそれぞれ異なるチャネルを使用して、電波干渉による速度低下を避ける。このチャネルを複数まとめて使って、一度に送受信するデータ量を増やすのがチャネルボンディングである。

11nまでは束ねられるチャネル数は2だったが、IEEE 802.11ac(以下、11ac)では、4、8、16といった数を束ねられるようになった。チャネルごとの帯域幅は、11nや11acでは20MHzである。チャネルボンディングによって2つのチャネルを束ねると、40MHzになる。4つなら80MHz、8つなら160MHzだ。

通信速度は、帯域幅が広いほど向上する。2つのチャネルを使うと、単純に計算で約2倍の速度が期待できる。1つのチャネルで通信した場合の理論上の最高速度が72Mビット/秒なら、144Mビット/秒になる。

ただしチャネルボンディングを使うと、その空間で使用できるチャネルの数が減る。5GHz帯で使用できるチャネル数は19である。40MHzのチャネルボンディングで通信すると、通信に利用できる経路の数はおおよそ半分の9となる。80MHzなら4、160GHzなら2だ。

このため、多数の端末が無線LANで通信をする環境でチャネルボンディングを多用すると、通信しにくくなる恐れがある。企業のオフィスやイベント会場など、スペース当たりの端末数が多い場合は、多用しないほうがよい。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年12月21日 公開]